台風12号 東京で警報級の大雨か 

台風進路図 ウェザーマップ

台風12号関東地方への最接近は24日

台風12号は、本州の南海上を北上し、24日に関東に最も接近するおそれがあります。当初の予想より東よりに進む予想になったため上陸するおそれは低くなりました。ただ、今回は上陸する、しないにかかわらず関東地方では、特に大雨に対して警戒が必要です。

23日夜の予想天気図 ウェザーマップ
23日夜の予想天気図 ウェザーマップ

警報級の大雨になるおそれ

台風が北側にある秋雨前線に、雨の原料である大量の暖かい湿った空気を供給し、秋雨前線の活動が活発になるため、関東地方は台風接近前から警報級の大雨になるおそれがあります。12号の特徴として動きが比較的ゆっくりで、自転車並みのスピードで北上するため、大雨が長期間にわたって降り総雨量も記録的な量になる所があるでしょう。以下、気象庁の予想です。

<雨の予想>

23日6時から24日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、

 関東地方北部 100ミリ

 関東地方南部 150ミリ

 甲信地方   150ミリ

 伊豆諸島   200ミリ

その後、24日6時から25日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、

 関東地方北部 200から300ミリ

 関東地方南部 200から300ミリ

 甲信地方   100から150ミリ

 伊豆諸島   100から200ミリ

最新のデータを見ると雨量は上記より少なくなるかもしれませんが、東京での雨のピークは24日の朝から夜のはじめになりそうです。局地的に集中豪雨が発生し、川の氾濫や土砂災害が起きるおそれがあります。マンホールから水が溢れ、地下街に水が流れ込むなど内水氾濫が発生し、道路が冠水する可能性もあります。また伊豆諸島では24日は暴風や高波にも警戒が必要です。

新しいデータに基づき、タイトルと内容を一部変更しました。