教員採用面接での「倫理観」は管理強化か

(写真:アフロ)

 埼玉県教育委員会は小、中、高校の教員採用試験で、面接試験の評定項目に「倫理観」を追加することを決めたそうだ。規範意識を厳しく審査するためで、8月中旬から始まる2次試験の面接から実施する。

 セクハラなどの不祥事を防止するためらしく、『読売新聞』(2018年7月22日付電子版)によれば、小松弥生教育長は「不祥事根絶は県教委にとって喫緊の課題。全力で根絶に取り組みたい」と語ったそうだ。

 同県では教職員や教育局の職員の懲戒処分(さいたま市教委分を除く)が、2014年度から毎年20件以上で推移しており、16年度は懲戒免職者が過去10年で最多となる20人にのぼるという最悪の状況にある。その改善のための策だというのだが、はたして効果はあるのかどうか疑問である。

 不祥事根絶につながる「倫理観」なるものが、面接だけで見抜けるものだろうか。もしも可能であるとするなら、従来の面接に問題がありすぎた、ということにもなる。

 不祥事を起こす人物であるかどうかは、簡単に見抜けるものではないはずだ。簡単に見抜けるなら、不祥事を事前に防止することも容易にちがいない。そもそも問題のありそうな人物を採用しないだろうから、不祥事の要因の多くは採用後にあるとも考えられる。採用面接で「倫理観」を厳しくチェックしたところで、「不祥事の根絶」につながる可能性は低いのではないだろうか。

 それよりも、「倫理観」といいながら、教委にとって不都合な人物を除くためのチェック強化につながることのほうが危惧される。教委による管理が強化されるだけなら、不祥事の根絶にはつながらないにちがいない。