日本語が話せるのに理解できないふりをし、英語で道を尋ねて別れ際にハグを求め、応じた女性の腰や胸を触ったとされる外国人の男が京都で逮捕された。目撃した女子高生らから「ハグおじさん」と呼ばれていたという。

容疑は迷惑防止条例違反

 3ヶ月前の事件だが、警察は防犯カメラの映像などから男を特定した。昨年夏以降、京都や滋賀で同様の被害申告が複数あり、関連を捜査中だという。

 男の容疑は京都府の迷惑防止条例違反だ。路上のような公共の場所における「卑わいな行為」が禁止されている。

 盗撮と並んでその代表格と言えるのが、他人を著しく羞恥させ、不安や嫌悪を覚えさせるような方法で、みだりにその身体の一部に触ること、すなわち「痴漢」だ。

 着衣などの上からでもアウトなので、ハグを口実にして女性の腰や胸に触ることもこれに当たる。最高刑は懲役6ヶ月、罰金だと50万円以下だ。常習なら懲役1年以下、罰金100万円以下まで加重される。

強制わいせつ罪に問われることも

 ただ、路上での痴漢の場合、単なる迷惑行為ではなく、刑法の強制わいせつ罪に問われることもある。背後からひとり歩きの女性に近づき、胸や陰部を執拗に触って逃げるとか、無理やりキスをするといった事件がその典型だ。

 刑罰は懲役6ヶ月以上10年以下で、罰金刑がないから、条例違反よりも重い。今回も、男の動機や女性を触った態様などを踏まえ、強制わいせつ罪が成立しないか、改めて検討されることになる。

 ただ、この事件では女性がハグには応じているという特殊性がある。だからといって腰や胸を触られることまで同意しているわけではないが、検察が男に罰金を支払わせて前科を付けようと考えれば、このまま条例違反で略式起訴されるのではないか。

 今回はハグだったが、大阪では来日10年超で日本語がペラペラなのに片言の日本語で女子中学生らに道案内を頼み、ひと気のない公園や神社に誘い込んで性的暴行に及んだ別の外国人の男が強制性交等致傷罪で逮捕・起訴されている。

 この男は「英語交じりの片言で話すと親切にしてくれるので、困った外国人のふりをした」と供述しているという。親切心につけこむ外国人も現にいるので、注意を要する。(了)