「キングオブコント2014」決勝進出者決定!!

9月9日・10日、東京・赤坂BLITZにて「キングオブコント2014」準決勝が行われた。「キングオブコント」はコント日本一を決めるお笑いコンテスト。今年で7回目となる。

10日の準決勝終了後、同会場にてファイナリスト発表記者会見が行われた。準決勝に挑んだ71組の中から決勝に進んだのは、シソンヌ、巨匠、ラバーガール、リンゴスター、バンビーノ、さらば青春の光、ラブレターズ、犬の心、チョコレートプラネット、アキナの10組。

記者が「自分たちのネタのストロングポイントは?」という質問をしたところ、それぞれこんな答えが返ってきた。

シソンヌ・長谷川:「日常の中にある非日常」みたいなコントをやっています。そこを見ていただけたらと思います。

巨匠・岡野:人間の汚さ、妬み、そねみ、そういうものを表せたらなと思っております。

ラバーガール・大水:予想を裏切るボケのたたみかけ、そこに冷静なツッコミが乗っかり、どんどん笑いが増幅していく。このテンポの良さがストロングポイントです

リンゴスター・平田:僕らは年齢が23歳、24歳、26歳なので、そのフレッシュさを前面に出してがんばります。

バンビーノ・石山:設定が新しいけどちょっといい感じというか……「ネオ・ヴィンテージ」、これです。

さらば青春の光・森田:まあ、そういうのもろもろ、すべてを兼ね備えていると思います。コツコツ積み重ねてドン、みたいな感じを今年もやろうかなと。

ラブレターズ・溜口:僕らは幼少期にいじめられていたので、それをぐしゃぐしゃにして腹黒で出す、っていうのをここ何年かやっています。腹黒さ全開でやっていこうかと思います。

犬の心・押見:僕らはシティボーイズさんのDVDを見て勉強した演技力、それと東京03さんのネタを見て学んだ分かりやすいけどくすぐる笑い、あとは僕の独自のちょっとしたやつです。いろんな人の勉強をして自分なりに昇華してるかなっていう感じです。

チョコレートプラネット・長田:僕らは、3秒に1回訪れるボケ数の多さです。スパンスパンスパンと。あとはくすぐり芸です。

アキナ・秋山:僕らは、4分だったら4分の中に展開をどれだけ入れられるか、で、もう展開させられないだろうっていうときに最後もう1回展開させる、みたいなのにこだわってやっています。

「キングオブコント2014」決勝は、10月13日20時からTBS系列にて3時間生放送される。

画像