ナイキの厚底ランニングシューズの関連特許を調べてみた

米国特許公開公報20180213886

「世界陸連がナイキ厚底シューズ禁止の動きへ、ライバル社にも影響」というニュースが話題になっています。ナイキのVaporFlyという厚底型ランニングシューズにより、記録更新を出すケースが続いているため、不公平なアドバンテージをもたらしているのではないかということで規制されるのではないかという話です。

技術革新によりスポーツ用品の機能が向上し、それによって記録が更新されることの何がいけないのか(だったら、陸上選手は裸足で走らなければならないのでは)という議論もあるかと思いますが、ここでは、関連する特許について調べてみます。

特許の話の前に、実際の製品について見てみましょう。実際に購入した商品(VaporFly NEXT%)を分解して内部構造を調べているYouTube動画がありました。配信者はランナーの方なのでVaporFlyの効果についてもちゃんと検証していて興味深いです。

VaporFlyのポイントは、内底がウレタン-カーボンファイバー製の板-ウレタンの三層構造になっている点です。ドクター中松のジャンピングシューズのようにスプリング構造になっていたり、それ以外のスプリング的な物が入っていたりするわけではありません。

ただし、ここで注意したいのは、ケニアのエリウド・キプチョゲ選手がフルマラソンで2時間切り(非公式記録)を達成した際に履いていたナイキ製のシューズ(AlphaFly)は、現在市販されているVaporFlyとは厚底という点では共通しますが異なる製品であるという点です。AlphaFlyは今春に一般市販開始される予定だそうです。箱根駅伝で話題を呼んだピンクの靴はZoomX VaporFly NEXT%という現在市販されている商品の方です。AlphaFlyとVaporFlyをごっちゃにした報道があるように見受けられます(というか私も調べるまでごっちゃになってました)。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年1月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事4本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。