bitFlyerの「ブロックチェーン特許」を分析する(その1)

出典:特許6579680号公報

日経の「ブロックチェーン中国急伸 特許出願、首位アリババ」という記事に対して、株式会社bitFlyerのCEO加納裕三氏がTwitterで以下のようにコメントされています。

2つ目のツイートはまさにその通りで、とりあえず何かデータを格納する先をDBMSではなくブロックチェーンにしてみただけというような「特許」が日本や米国でも見られます(こういう「ブロックチェーン言いたいだけちゃうんか特許」については別途ご紹介します)ので、特許の「粗製乱造」度がより高い中国で低価値のブロックチェーン特許が大量にあることは容易に想像できます。

本記事では、bitFlyerの9件のブロックチェーン特許がどんな内容なのかを、3回に分けて簡単に解説していきましょう。

1.特許6579680号「金融商品の指値注文を行うための装置、方法及びそのためのプログラム」

加納氏本人による発明です。仮想通貨のように変動性の大きい金融商品の取引に適したUIの発明です。補正なしで一発登録となっています。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2019年11月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事2本)

2019年11月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ