野口五郎氏のガチ発明家ぶりについて

出典:いらすとや

「野口五郎、ライブ動画配信システムを開発して特許を取得」という記事を読みました。「コンサート動画をQRコードを利用してスマホなどで閲覧できるサービスで、野口のほか、DREAMS COME TRUEなどが採用したことがあるという。」ということです。

野口五郎氏の本名「佐藤靖」を権利者とする特許を特許情報プラットフォームで検索すると、今までに少なくとも7件の特許を出願し、うち4件の登録に成功していることがわかりました。芸能人としてはかなり精力的な発明家と言えます。当然ですが弁理士の代理人を付けてきっちりとした出願書類となっています。

登録された4件は、特許6192178号「チケット販売システムおよびプレゼントコンテンツ配信システム」、特許6032997号「コンテンツ配信システムおよびコンテンツ配信方法」、特許6091357号「コンテンツ配信システム、コンテンツ配信方法、コンテンツ配信装置およびコンピュータプログラム」、特許4859882号「コンテンツ配信システムおよびコンテンツ配信方法」です。

何か既視感があると思ったら、4件目(特許4859882号)については、自分の事務所のブログで2014年に書いていました。冒頭で引用した記事中で触れられている特許もおそらくはこれだと思われます。

この発明のポイントは、コンサートの来場者にQRコードを印刷したカードを配布し、スマホのアプリで読み取ることでそのライブ映像をダウンロード提供し、スマホの個体識別番号をチェックして一度ダウンロードされると別のスマホからはダウンロードできなくなるようにすることで、無制限のコピーを防ぐことにあります。

権利範囲を表わす請求項1の内容は、以下のようになっています。

【請求項1】

コンテンツ配信サービスを提供するウェブサイトを示すURL情報とID情報を含むデータコードが予め印刷され、該ID情報に基づいてコンテンツの特定も行えるコンテンツ配信用情報印刷媒体と、

該情報印刷媒体に印刷されているデータコードを読み取ってそこに含まれるURL情報及びID情報を抽出する携帯電話と、

該携帯電話が前記ID情報を引数として前記URL情報に基づき接続するコンテンツ配信用サーバと、

該サーバとアクセス可能に接続された情報印刷媒体管理データベースと、

を備えた、販売者登録済の個人によって販売された前記情報印刷媒体を介して回数制限無くダウンロードができるコンテンツ配信システムであって、

前記サーバは、販売者登録手段と販売商品登録手段とコンテンツ配信手段とを備え、

前記販売者登録手段は、

前記情報印刷媒体の販売者が使用する携帯電話の機種固有情報を前記データベースに登録し、

前記販売商品登録手段は、

前記の機種固有情報が登録された販売者の携帯電話によって、販売が完了した情報印刷媒体に印刷されているデータコードに含まれるID情報が送信された時に、該ID情報及び前記販売者の携帯電話の機種固有情報とを前記データベースに登録するとともに、

前記コンテンツ配信手段は、

前記情報印刷媒体の利用者の携帯電話からのダウンロード要求を送信された都度前記データベースを参照して、

同時に送信された前記ID情報が未登録であれば前記ダウンロード要求を拒絶し、

前記ID情報が既登録かつ利用者認証用情報が未登録であれば

前記利用者の携帯電話の機種固有情報を前記データベースに利用者認証用情報として登録するとともにダウンロードを許可し、

前記ID情報が既登録かつ利用者認証用情報が既登録であれば

前記利用者の携帯電話の機種固有情報と既登録の利用者認証用情報とを照合して、

一致すれば利用者認証は受理されたものとみなしてダウンロードを許可するが、

一致しなければ利用者認証は拒否されたものとみなしてダウンロードを拒絶するとともに、

ダウンロードを許可する場合は、前記利用者の携帯電話に対して前記ID情報に基づいて特定されるコンテンツのダウンロード用の画面を送信することを特徴とするコンテンツ配信システム。

一般に長い請求項は限定が多いということなので権利範囲が狭いですが、この請求項についてはわりと当たり前のことしか書いてないので、他者が回避しようと思うとちょっとやっかいかもしれません。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    三浦春馬をすべてみる 二十代の幅広い演技はやがて「深遠なる闇」に近づいていく堀井憲一郎8/4(火) 16:51
  2. 2
    藤井猛九段(49)由来「藤井矢倉」の名を継ぐ者現る? 藤井聡太棋聖(18)王位戦第3局で矢倉早囲い松本博文8/4(火) 12:14
  3. 3
    温故知新の相矢倉戦、藤井聡太挑戦者(18)は飛車と香車の二段ロケットに組む 王位戦第3局1日目終了松本博文8/4(火) 19:51
  4. 4
    振り飛車復活へ!タイトル挑戦を決めた久保九段も信頼を寄せる「令和の振り飛車」遠山雄亮8/4(火) 11:26
  5. 5
    さばきと粘りのアーティスト久保利明九段(44)二転三転の熱戦を制して13年ぶりの王座挑戦権獲得松本博文8/3(月) 21:24
  6. 6
    三浦春馬をすべて見る 凜々しかった十代で出演したドラマたち堀井憲一郎7/31(金) 22:50
  7. 7
    藤井聡太棋聖(18)ベテラン塚田泰明九段(55)に逆転勝利でNHK杯1回戦突破松本博文8/3(月) 19:23
  8. 8
    「タイトル戦で振り飛車でも戦えるというところを証明していきたい」王座挑戦を決めた久保利明九段コメント松本博文8/3(月) 23:59
  9. 9
    『聲の形』は「障害者いじめの話」「感動ポルノ」か?飯田一史8/1(土) 0:01
  10. 10
    藤井聡太挑戦者、3勝目をあげるか? 木村一基王位、1勝を返すか? 8月4・5日、王位戦七番勝負第3局松本博文8/4(火) 8:47