ワンダーコアの知財戦略について

実用新案登録3198063号

ワンダーコア(およびワンダーコアスマート)の意匠登録が台湾の通販サイト経営者らによって登録されていることは前回書きました

さらに、意匠登録出願人の莊龍飛氏および莊進成氏名義で調べると実用新案登録も行なわれていました。ワンダーコアスマートに相当するものひとつが第3198063号「フィットネス機器」です。2014年4月に中国に行なった出願に優先権を主張しています。

画像

第1の支持フレーム(100)内に弾性体(400)が支持フレームの内壁に接触しないように通っていることでノイズや摩耗を防ぐ点がポイントになっています。技術評価書は請求されていないので、新規性・進歩性があるかどうかは何とも言えませんが、デッドコピーの模倣品を牽制する効果はあるでしょう。一般に健康器具はライフサイクルが短い(ことが多い)ので実用新案による保護に向いています。

他にもワンダーコアスマートに関連するもう1件(第3186421号)、ワンダーコアに関する1件(第3186420号)を含めて、計22件の実用新案登録がされていました。最も古いものは1998年なので、結構な実績があります。

また、WONDER COREの文字商標の商標登録もされています(第5529403号)。

ということで、ショップジャパン(オークローンマーケティング)の販売製品の中には同社が知財を押さえているものもあるのですが、ワンダーコアについては完全に台湾側がメインの商品をチャネルとして販売しているという位置づけのようです。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ