つまり巨額の国債発行は日銀の引き受けと国民の貯蓄によって金融機関を通じて、巨額の国債が消化された。当然ながら国民が直接国債を買うこともあった。