のリスク回避の動きは一時的なものに止まる可能性もある。これは今後入るオミクロン株の情報次第ではあるが、感染率は高くとも重症化のリスクがそれほど高くなければ、これまでの経験も生かせるはずである。