今はバブルなのか、2000年のITバブルとの比較

(写真:Fujifotos/アフロ)

 現在の金融市場をみると欧米の株価指数が過去最高値を更新し、東京株式市場でも日経平均は3万円台を回復し、30年ぶりの高値をつけている。これは果たしてバブルなのであろうか。

 2002年に元FRB議長のグリーンスパン氏は「バブルは崩壊して、初めてバブルと分かる」という言葉を残している。これは2000年における米国のITバブルの崩壊をみてのものであった。

 グリーンスパン氏がFRB議長として在任中に、米国でのいわゆる「ITバブル」が発生した。グリーンスパン氏は1996年の講演で、米国株式の上昇に対し、「根拠なき熱狂が資産価格を不当につり上げている」とリスクを指摘したが、ITバブル発生を防ぐことはできなかった。 

 1995年に米マイクロソフトのウィンドウズ95が発売され、ブラウザ・ソフトのネットスケープが新規公開を果たした。このあたりからインターネット株ブームが始まった。1998年から1999年にかけては、ベンチャーの創業資金や株式への投資資金の調達が容易であったことなどを受け、IT関連企業の株価は急速に上昇。その後も過度な投資が行われたことから、IT関連企業の株価は急騰し、バブルへと発展していったのである。

 2000年の春以降、IT関連企業の収益に改善の兆しがみられなかったことなどから、IT関連企業に対する期待は急速に縮小した。1999年6月から2000年5月にかけて、FRBは政策金利を4.75%から 6.5%へと引き上げていた。このFRBの利上げも重なったことから、株価は急速に下落し、ITバブルは崩壊した。

 現在もバブルを匂わす兆候が株価そのもの以外でも、あちらこちらでみられている。ビットコインの上昇などもそのひとつであろう。また、投資家は株式を購入するために巨額の資金を借り入れていることが指摘されていたが、ニューヨーク証券取引所証拠金債務、つまりポートフォリオに対する借入金は前年同期を49%も上回り、これほど増加したのはITバブル崩壊前の1999年以来となる。

 今回の米国を主体とする株式市場の上昇の根拠としては、政府の大規模な財政政策と中央銀行による大胆な金融政策がある。その資金が資産価格を不当につり上げている可能性は十分にあり、その結果、アルケゴスの巨大損失などを招いた。

 ここにきて長期金利の上昇はいったん落ち着いてはいるが、物価などの動向次第でいずれ2%を超えて上昇してくる可能性は十分にあり、この金利上昇が、バブル崩壊のきっかけになる可能性もある。

 ただし、FRBのパウエル議長は8日、景気回復は不均一で不完全なままだと述べ、金融緩和の縮小には米国経済の一段の改善が必要との見方を示したように、大胆な金融政策が今後も続き、今後もバブルがさらに膨らむ可能性もある。

 日本のバブル崩壊前(1989年)もすでに長期金利は上昇基調となっていた。そこからタイムラグがあってのバブル崩壊となった。

 グリーンスパン氏の言にもあったが、バブルは崩壊して、初めてバブルと分かるため、現在がバブルとの認定はできない。また、それがいずれ崩壊すると指摘しても、オオカミ少年としてみられる可能性も高い。それでも、そのリスクは意識しておくべきで、細かい兆候も見逃すべきではない。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  2. 2
    物価上昇観測が強まる。欧米の期待インフレ率が上昇、金属価格の上昇やウッドショックも影響か久保田博幸5/12(水) 8:11
  3. 3
    東京株式市場は続落、日経平均は一時28000円割れ、台湾株の下落に加え、米消費者物価指数への警戒も久保田博幸5/12(水) 15:09
  4. 4
    唐揚げ市場が1000億円超えの急拡大 専門店とスーパー、強味と弱味は?池田恵里5/10(月) 8:00
  5. 5
    マネジメントしなくてすむようになる方法〜口では大事と言っても、実態は多くの企業は採用を軽視しすぎ〜曽和利光5/6(木) 6:55
  6. 6
    「善人」が会社を滅ぼし「悪人」が会社を伸ばすこともある〜本当に組織に貢献する人の見抜き方〜曽和利光5/9(日) 6:55
  7. 7
    「売れ残り」は過去のイメージ 近年増加中の「完成販売」が有利なマンションの特徴は櫻井幸雄5/12(水) 11:00
  8. 8
    「職場に嫌いな上司がいる」は7割以上、なぜ上司にはイヤな人が多いのか遠藤司5/7(金) 7:45
  9. 9
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00
  10. 10
    国の借金1200兆円は誰の借金なのか、それはどのようにして返済されるのか久保田博幸2/12(金) 10:52