FRBやECBなどの中央銀行はさらなる緩和策を打ち出す

(写真:ロイター/アフロ)

 18日夜(日本時間19日朝)に開いた臨時のECB理事会で、新たに7500億ユーロの枠を設け、2020年末までに国債や社債などを購入していくことを決めた。

 パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)と名付けられたこのプログラムでは、既存の量的緩和(QE)プログラムの下での全ての適格資産カテゴリーに加え、信用の質が十分と認定される金融機関以外のコマーシャルペーパー(CP)にも対象を拡大する。ギリシャ国債も現行ルールの適用を免除して購入対象に含め、主要なリスクパラメーターの調整を通じて担保基準も緩和する。(19日付ブルームバーグの記事を参照)。

 今回もECBは利下げは行っていない。利下げはマイナス金利の深掘りとなり、副作用も大きくなる、このため、イタリアなどの国債利回りの急上昇への対処などを含め、市場の安定化のためには、あらたな資産購入プログラムが適切と判断したと思われる。

 FRBも18日夜、緊急信用プログラム第3弾として、マーケット・ミューチュアル・ファンド(MMF)から購入した資産を担保として差し出す銀行に最大1年間の貸し出しを行うと発表した。これは「マネー・マーケット・ミューチュアル・ファンド流動性ファシリティー」と銘打ち、MMFに投資家からの解約が殺到した場合も、MMF業界が機能不全に陥らない体制を整備する。緊急信用プログラムの発表はここ2日間で3回目となる。(19日付ロイターの記事を参照)。  

 そして、23日にFRBが発表した支援策第2弾には、借り入れコスト抑制のために債券を無制限で購入するほか、企業や州政府、地方自治体に確実に信用のフローが行き渡るためのプログラム創設などの対策が盛り込まれた(23日付ブルームバーグ)。

 英国のイングランド銀行も19日、政策金利を0.15%引き下げて過去最低の年0.10%にすると発表した。11日にも臨時で0.50%の利下げを発表し、1週間あまりの間に2度、合計で0.65%の緊急利下げとなる(19日付日経新聞の記事を参照)。

 イングランド銀行も事実上のゼロ金利政策ともいえる。同じ月に2回の利下げは、現行の金融政策運営の枠組みになってから初めてとなるが、前回の総裁はカーニー氏、今回はベイリー総裁にかわって初のMTCとなる。また、国債や社債などの買い入れも再開する。購入枠を2000億ポンド増やして総額6450億ポンドとする。

 19日には日銀も動いていた。この日には国債買入の予定はなかったものの、前場に総額1兆円、後場に追加で3000億円の国債買入を実施していた。臨時の決定会合が開催されることはなかったものの、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、市場が動揺を示すなか、積極的な資金供給を行う姿勢をみせ、欧米の中央銀行と歩調を合わせたような動きに出ていた。23日には予定されていた超長期ゾーンの国債買入に加え、臨時で中長期ゾーンの買入も加えられた。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ