米国によるメキシコへの関税は停止されたようだが

(写真:ロイター/アフロ)

 米国のトランプ大統領は、メキシコが米国への不法移民流入問題でより強力な措置を打ち出さなければ、10日に5%関税を課す方針を示していた。10日という期限が近づくなか、両国はワシントンで3日間にわたり協議を行っていた。

 その結果、トランプ大統領は7日に、メキシコ製品に対する5%の関税計画を「無期限で停止する」と発表した。

 トランプ大統領はメキシコとの貿易に関して追加の措置を発表する可能性があることを示唆し、メキシコへの関税発動見送りに至った合意の一環として、メキシコが米国産農産物を「大規模」に購入することで合意したとツイートしていた。

 これに対して7日夜に発表された関税発動見送りの共同声明には、トランプ氏がツイートで述べた農業貿易の取り決めは盛り込まれておらず、メキシコの当局者3人も付帯合意は一切承知していないと話している(ブルームバーグ)。

 さらには合意事項に不法移民の流れを止めるための新たな抜本的内容が盛り込まれてないとの批判も出ていた。

 大統領はツイッターで、「重要なことは、きのうの発表には、特に合意内容について含まれていなかったことがあるということだ。今後適切な時に発表される」とコメントしていた(ロイター)。

 どうやらこの状況は、米国と北朝鮮との首脳会議での物別れ、さらには米国と中国との通商交渉の動向にも似ていたようにも思われる。

 トランプ政権はメキシコへの関税というブラフによって米国にとって都合の良い条件を引きだそうとしたところ、ぎりぎりのところでメキシコ側の反対にあっているのではなかろうか。それでもとりあえず、メキシコ製品に対する5%の関税計画は停止されたようである。「無期限」というところも気になるが、これで本当に完全停止となったのかもやや疑問が残る。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,100円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ