ベネズエラのハイパーインフレによる影響

(ペイレスイメージズ/アフロ)

 南米ベネズエラは20日、通貨の単位を5桁切り下げるデノミネーション(デノミ)を実施した。

 ベネズエラの原油埋蔵量は世界一であり、1980年代までは南米でも最富裕国とされていた。チャベス大統領の時代からベネズエラは反米路線に走り、石油採掘設備の老朽化や原油価格の急落などから、外貨収入が減少した。米国の経済制裁などに加え、経済政策の失策なども手伝い、急速に経済実態が悪化した。つまり、ベネズエラは社会主義政府によって経済が崩壊したとされている。

 これに対し政府は税収の激減を中央銀行からの信用供与で埋め合わせるという、いわゆる禁じ手の財政ファイナンスを行った。これにより急速なインフレが進行。IMFの予測ではベネズエラのインフレ率は年内に100万パーセントに達する見込み。ベネズエラを出国する移民も増加し続けている。

 これらを受けてベネズエラ政府はデノミを実施したが、その効果は出ておらず、むしろ事態をより悪化させている。

 また、石油に裏打ちされた官製の仮想通貨となるペトロを基軸とする新しい法定通貨を流通させるとした。しかし、米国は制裁の一環としてペトロの取引を禁じ、世界中の主要な仮想通貨交換業者もペトロは取り扱っておらず、取引実態はない状態にある(日経新聞)。

 まさに仮想の通貨まで利用しようとしているが、これも事態を改善させたり、インフレを制御したりするどころか、より悪化させかねないものとなっている。

 いまのところ、ベネズエラの危機的状況が世界経済に直接的な影響は与えておらず、日本国内への影響も限定的ではある。ただし、財政ファイナンスによるインフレの急激な進行を目の当たりにすると、日本でもそういった懸念となりそうなものは早めに振り払う必要があるようにも思われる。

フリーの金融アナリスト。1996年に債券市場のホームページの草分けとなった「債券ディーリングルーム」を開設。幸田真音さんのベストセラー小説『日本国債』の登場人物のモデルともなった。日本国債や日銀の金融政策の動向分析などが専門。主な著書として「日本国債先物入門」パンローリング 、「債券の基本とカラクリがよーくわかる本」秀和システム、「債券と国債のしくみがわかる本」技術評論社など多数。

有料ニュースの定期購読

牛さん熊さんの本日の債券サンプル記事
月額1,080円(初月無料)
月20回程度
「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを牛さんと熊さんの会話形式にてお伝えします。昼には金融に絡んだコラムも配信します。国債を中心とした債券のこと、日銀の動きなど、市場関係者のみならず、個人投資家の方、金融に関心ある一般の方からも、さらっと読めてしっかりわかるとの評判をいただいております。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ