ここのところ暖かい空気と冷たい空気が行ったり来たりを繰り返して気温の変動が大きくなっています。この1週間の仙台を振り返ると、真夏日一歩手前の暑さだったかと思ったら、昼間でも上着が手放せない肌寒さになったり、着るものに困る状況が続いています。

仙台の最高気温の推移(提供:ウェザーマップ)
仙台の最高気温の推移(提供:ウェザーマップ)

ただこのせめぎ合いに決着をつけるべく、この週末は強い寒気が押し寄せてきます。東北地方でも山の上では雪が降るくらいの気温の低さになりそうです。

あす16日(土)は冷たい雨

きょうの東北地方は曇りや雨の所が多くなりました。これは暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合いによってできている前線が通過しているためです。

16日(土)の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
16日(土)の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

あす16日(土)はこの前線が停滞するため曇りや雨のスッキリしない天気が続き、同時に北海道付近の高気圧から冷たい空気が送り込まれます。

これは今週前半の肌寒かった時と同じような状況で、仙台ではきょう15日(金)は最高気温25.0度と夏日だったのに対して、あす16日(土)は昼間でも15度前後ときょうより大幅に低くなる見込みです。

仙台の15日(金)~16日(土)の予想気温グラフ(提供:ウェザーマップ)
仙台の15日(金)~16日(土)の予想気温グラフ(提供:ウェザーマップ)

ただあすの肌寒さはまだ序の口。本格的な寒気が流れ込むのはあさって17日(日)です。

あさって17日(日)は今シーズン初の冬型

あさってになると低気圧や前線が次第に東へと抜けていく見込みですが、それによって気圧配置が西高東低になります。今シーズン初めてと言える本格的な冬型の気圧配置です。

17日(日)の予想天気図(提供:ウェザーマップ)
17日(日)の予想天気図(提供:ウェザーマップ)

これによって冷たい北西からの風が強く吹き、その風によって強い寒気がどっと流れ込んできます。

17日(日)夜の上空約1500mの予想を見ると、0度以下というこの時季にしては強い寒気が東北地方をすっぽり覆う見込みです。

17日夜の上空約1500mの寒気の予想(提供:ウェザーマップ)
17日夜の上空約1500mの寒気の予想(提供:ウェザーマップ)

上空約1500mで0度以下ですので、八甲田山(青森)や岩手山(岩手)、蔵王山(宮城・山形)など標高の高い山の山頂では、何かが降れば雪という気温の低さです。

18日(月)にかけてはこうした山々の初冠雪が観測されるかもしれませんし、積雪や凍結のおそれから道路が通行止めなどになる可能性があります。

東北地方の山では紅葉が見頃を迎えている所もありますが、お出かけの際は最新の交通情報などにご注意ください。

16日(土)~17日(日)の仙台の予想気温グラフ(提供:ウェザーマップ)
16日(土)~17日(日)の仙台の予想気温グラフ(提供:ウェザーマップ)

また地上では雪が降ることはないものの気温がさらに下がります。仙台でも、17日午後はどんどん空気が冷たくなり、週明け18日の朝は今シーズン初めて10度を下回るかもしれません。

この週末の間に急激に秋が深まりそうですので、服装でうまく調節してお過ごしください。