イニエスタの後継者が出現。バルサの米国遠征で8番を背負う!

イニエスタがつけていた8番を背負ったリキ・プッジ(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 FCバルセロナから移籍したアンドレス・イニエスタ(34才、ヴィッセル神戸)は、酷暑の日本で旋風を巻き起こしている。その技術の高さは、歴戦のJリーガーたちも舌を巻くほど。「一時帰国」だけでニュースとして扱われる外国人アスリートは、ほんの一握りだろう。

 しかしイニエスタを生み、育てたバルサでは、すでに輝きを放つ新星が生まれている。

 リキ・プッジ、18才。

 8月下旬のリーグ開幕に向けたプレシーズン、アメリカツアーでは(限定的ながら)イニエスタが背負った8番をつけている。トッテナム、ローマ、ACミランという強豪相手でも物怖じしていない。

「バルサスタイルの希望の名はプッジ!」

 スペイン大手スポーツ紙「マルカ」はそんな見出しを打つほどだ。

 才気煥発な若手の正体とは―。

スポーツ一家で生まれる

 プッジはスポーツ一家に生まれている。父は地元テラサで左サイドバックとしてプレー。3部リーグながら、立派なプロ選手だった。兄はグラスホッケーの選手だ。

 幼少期のプッジはテニスにはまっている。しかし父の影響を受け、8歳の時にサッカーにのめり込むようになる。

「シャビ・エルナンデスがアイドルだった」

 プッジはそう明かしているが、13才のときにバルサの下部組織であるマシアに入団している。

 スカウトしたのは、ギジェルモ・アモールだった。ヨハン・クライフが、(ジョゼップ・グアルディオラの前に)初めてマシア育ちの選手としてプレーメーカーに指名した人物である。

「ラインの間でプレーするセンスがあり、そこで生きる技術もある」

 それがスカウティングの評価だったという。

小さいという利点

 もっとも、入団当初のプッジはリオネル・メッシと同じファルソ9(偽9番という意味で、トップの選手だが自由に動き、得点もラストパスも)というポジションを任されている。一回り大きな相手も苦にせず、絶好のラストパスを出せたし、流麗なプレーメイクもできた。そしてゴールも多く決め、小さな大会では何度もMVPを獲得している。

 同年代の選手とプレーしても、その体は小さく、細かった(今も身長は169cmしかない)。年上の選手に混ざると、一人だけ子どものように映る。しかし、バルサ関係者はそれをむしろアドバンテージとして見た。

「小さい選手がプレーできているなら、それはすでに良い選手である証明だ。相応の技術があることを意味し(なければ潰される)、小さい利点を生かすことに慣れ、カテゴリーが上がっても問題ない。むしろ、フィジカルで勝っている選手は通じなくなって苦しむ。小さい選手に注目すべきだ」

 クライフが残した言葉は金言と言える。

 小さなプッジは、ボールプレーによって巨大な宇宙を創り出せるのだ。

イニエスタと似た謙虚さ

 18歳で初めてトップの試合に帯同したプッジだが、屈強な男の当たりも、まったく意に介していない。

「とても満足しているよ」

 アメリカツアーに関して聞かれたプッジは、そう話している。

「自分は忘れがたい経験をしていると思う。公式戦であろうとなかろうと、トップチームでプレーできたのは喜びだよ。それはすべて、マシアで学んだことのおかげだろう。素晴らしい指導者たちがいたからだ」

 リップサービスに聞こえなくもないが、プッジは謙虚な性格なのだという。仲間を気遣い、恩義を感じる。その点も、イニエスタに通じる。感謝の気持ちを忘れず、スポーツマンとしてフェアな精神を持ち合わせている。

 昨シーズンは、UEFAユースリーグ(ユース年代の欧州チャンピオンズリーグ)で優勝しているが、当時もプッジは色気を見せず、ユースでのプレーに専念した(2部のバルサBでもデビューするも)。そして、仲間と優勝という最高の瞬間を分かち合った。目の前のことを疎かにしない。小さい選手だが、誰よりも尊敬されている。

「偉大なるイニエスタの足跡はずっと心に残るはずだよ」

 プッジは、「自分とは比較できない」と言うが、ピッチに立った彼のプレーに気負いは不思議と見えない。はにかむ姿にはさすがに幼さを感じさせるが、これから成熟したら――。イニエスタを伝説にする後継者が、バルサに出現した。