テスラ、20年の世界EV販売が過去最高の約50万台に

米テスラのイーロン・マスクCEO(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 米テスラは1月2日、2020年10〜12月期の電気自動車(EV)世界販売台数が18万570台となり、これまでの最高だった20年7〜9月期の13万9593台を上回ったと明らかにした

 20年の年間販売台数は49万9550台で、目標としていた「50万台超」を下回ったものの、前年比36%増を達成。こちらも過去最高を更新した。

 年間販売台数の車種別の内訳は、小型車「モデル3」と小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」の2車種が合わせて44万2511台。高級セダン「モデルS」と高級SUV「モデルX」は計5万7039台。

出典:米テスラ
出典:米テスラ

 イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)はツイッターへの投稿で50万台の大台を達成したとして、社員らに謝意を示した。同社は19年後半に中国・上海でEV生産を開始し、20年に同国で本格販売を始めた。

米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米国ではカリフォルニア州フリーモントの工場が新型コロナウイルス感染拡大の影響で操業の一時停止を余儀なくされた。中国での好調な販売が米国での減速を補ったという。

テスラCEO、世界2位の富豪に

 テスラは20年7月、時価総額がトヨタ自動車を抜いて自動車メーカーで世界首位になった。同11月には5000億ドル(約51兆4800億円)の大台を初めて突破。米メディアによると、マスクCEOの純資産は11月に米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を抜き、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOに次ぐ世界2位に浮上した。

 21年は新モデルの市場投入や、ドイツと米テキサス州で工場開設を目指しており、同社は新事業に関する困難な課題に直面していると、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている。