大坂なおみが、PPOテニスで3度目の決勝へ! 生まれ故郷の大阪で、日本での初ツアータイトルを狙う

大坂なおみは、生まれ故郷の大阪で、日本での初ツアータイトルなるか注目だ(写真/神 仁司)
大坂なおみは、生まれ故郷の大阪で、日本での初ツアータイトルなるか注目だ(写真/神 仁司)

 大坂なおみが、大阪での初戴冠まで、あと1勝だ――。

 東レ パン パシフィックオープンテニス(以下東レPPO)・大会6日目には、雨によるスケジュール遅延のため、準々決勝と準決勝が行われた。

 第1シードの大坂なおみ(WTAランキング4位、9月16日づけ、以下同)は、準々決勝でユリア・プティンツェバ(36位、カザフスタン)を6-4、6-4で下すと、さらに続く準決勝ではエリス・マーテンズ(24位、ベルギー)を6-4、6-1で圧倒して2年連続3度目の決勝進出を果たした。

 プティンツェバとの準々決勝は、大坂にとってひとつのヤマとなる対戦だった。

 過去に、大坂はプティンツェバに0勝3敗で、セットすら取ったことがなく、天敵ともいえる存在だった。

 だが今回の東レPPOでは、大坂が最も得意とするハードコートでの戦いであり、さらにホームコートアドバンテージを活かして試合を優位に進めた。

 大阪のITC靭テニスセンターに詰めかけたテニスファンは、当然大坂の応援ばかりするため、プティンツェバは試合中にイライラを隠し切れない場面も見られた。

 第1セットでは先にリードをした大坂がやや硬くなって、粘り強いプティンツェバに追い上げられる形はあったものの、プティンツェバから初めてセットを奪取した。

 第2セットも大坂が追い上げられるが、大坂の5-4、第10ゲーム15-40の場面で、プティンツェバがスリップをして左足首を痛めて、思わぬ形で大坂はプティンツェバからの初勝利を手にした。大坂は、立ち上がれないプティンツェバに、氷とタオルを持って駆け寄り、相手のけがを心配する優しさも見せた。

 準決勝では大坂の圧勝で、決勝で大坂は、アナスタシア・パブリュチェンコバ(41位、ロシア)と対戦する。2人の対戦成績は、大坂の0勝1敗だ。

 大坂は、過去に東レPPOで、2016年と2018年に決勝へ進出しているが、いずれも準優勝だったため、今度こそという思いはある。ただ、それがプレッシャーにならないようにしたいところだ。

「3度目の正直になればいいなと思っています。ただ、どの試合でも勝つためにするべきことを考え、それを実行するだけです」

 このように語る大坂が、果たして生まれ故郷の大阪で錦を飾ることができるのか、大阪生まれの大坂なおみの戦いに注目したい。