トランプ大統領とメラニア夫人、大統領顧問が同時感染

[ロンドン発]米大統領選では投票の前月の10月に選挙結果を大きく左右する出来事が起きる「オクトーバーサプライズ」というジンクスがあります。

しかし先日、テレビ討論で民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領(77)と前代未聞の泥沼バトルを繰り広げたばかりのドナルド・トランプ米大統領(74)と、メラニア夫人(50)が新型コロナウイルスに感染したというニュースには驚きました。

2人とも「現時点では元気」(ホワイトハウスの医師)だそうですが、さすがのトランプ大統領もこれが年貢の納め時なのでしょうか。大統領選の行方より、今はコロナ感染からサバイブすることがトランプ大統領にとって最重要課題となります。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の統計では65~74歳のトランプ大統領の入院リスクは18~29歳のコロナ感染者の5倍、死亡リスクは90倍だそうです。コロナ感染による男性の死亡リスクは女性の2倍もあります。

トランプ大統領は身長190.5センチメートル、体重110.7キログラムで、ボディマス指数(BMI)は30.4。同じく新型コロナウイルスに感染し、一時、集中治療室(ICU)に運び込まれたボリス・ジョンソン英首相のBMIは36.17でした。

糖尿病、高血圧、心臓病の原因となる肥満はコロナの大敵です。肥満によるコロナ感染者の死亡リスクは5割増しと言われています。ゴルフ好きのトランプ大統領はお酒もタバコもたしなまず、これまで健康上の問題はないとされてきました。

世界で最も検査を受けている米大統領

元ファッションモデルのホープ・ヒックス大統領顧問の陽性が確認されたというツイートのわずか2時間後にトランプ大統領が自らのツイートで明らかにしました。

ヒックス顧問は現地時間の9月30日夕、ミネソタ州の選挙集会から大統領専用機で戻った時に体調不良を訴えたそうです。トランプ大統領は10月1日、ニュージャージー州の選挙イベントに参加してホワイトハウスに戻りました。

5月初め、ホワイトハウスに勤務する2人が陽性と判定されてからシニアスタッフに対して毎日、検査を実施。大統領と接触する人は全員、簡易検査を受けています。トランプ大統領は世界中で最も頻繁に検査を受けている人物であることに間違いありません。

トランプ大統領は新型コロナウイルスの感染リスクを軽視し、マスク着用にも難色を示してきました。

9月29日のテレビ討論でも最後に、バイデン氏のジル夫人がしっかりマスクを着けていたのに対し、メラニア夫人はマスクなしで登場しました。マスクの有無が大統領選の争点の一つになっていることを浮き彫りにしました。

トランプ大統領とメラニア夫人の感染は、無闇に検査回数を増やすよりマスク着用や接触制限を徹底した方がコロナ対策には効果的であることをトランプ大統領自身が身を持って実証したかたちです。

全員感染したポピュリスト三羽ガラス

新型コロナウイルス・パンデミックにもかかわらず、なかなか公衆の面前でマスクを着けようとしなかった3人の政治指導者がいます。トランプ大統領とジョンソン首相、ブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領の3人です。

ジョンソン首相はコロナ対策の行動計画を発表した3月の記者会見で「病院で感染者と握手した」と軽口をたたき、いったんは集団免疫の獲得を目指したものの、専門家に「都市封鎖しなければ25万人の死者」という報告書を公表されて180度方針転換。自ら感染してICUに運び込まれ、死線をさまよいました。

ジョンソン首相が初めてマスクを着用してメディアの前に登場したのは7月10日。トランプ大統領が初めてマスクを着けて公の場に姿を見せたのは翌11日です。

ボルソナロ大統領は「感染しても大丈夫」とマスク着用規則を公然と無視し続け、6月に連邦裁判所の判事から「マスクを着用するか罰金を払うかだ」と命じられました。そして7月、陽性が確認されると「遅かれ早かれ国民のかなりの人が感染することをみんな知っている。私も感染した」と開き直りました。

アメリカの感染者749万4671人、死者21万2660人(人口100万人当たりの死者642人)。

ブラジルの感染者484万9229人、死者14万4767人(同680人)。

イギリスの感染者46万178人、死者4万2202人(同621人)。

3カ国ともコロナ対策の「負け組国家」です。

米大統領で争点化したマスク着用

米CDCが4月「手作りの布マスクは自発的な公衆衛生の追加手段として有効」と市民にマスク着用を勧め、20以上の州がマスク着用を義務化。

しかしトランプ大統領は「市民がマスクを着用するのは他の人を守るのではなく、自分への不支持を示すためだ」と反発し、マスクを巡って国内が分断する事態に陥りました。

しかし全米で感染の拡大に歯止めがかからず、トランプ大統領のマスク拒否パフォーマンスに与党・共和党内からも「これでは感染拡大を防げない」と批判が強まり、7月1日ようやく「私はマスクに大賛成」と宗旨変えしました。

一方、中国の習近平国家主席は2月10日、外科用マスクを着用して北京の病院を訪問、ビデオリンクを通じてエピセンター(発生源)となった湖北省武漢市の医療従事者を視察しています。

日本の安倍晋三首相(当時)は3月31日、マスクを着用して経済財政諮問会議に出席。4月1日の新型コロナウイルス感染症対策本部で全国5000万余りの全世帯を対象に洗って何度も使える布マスク(いわゆるアベノマスク)を2枚ずつ配布すると表明しました。

インドのナレンドラ・モディ首相は4月11日、布マスクで口を覆って閣僚たちとのテレビ会議に出席しています。

欧州ではイタリアのジュゼッペ・コンテ首相は4月21日、下院にマスクを着用して現れました。フランスのエマニュエル・マクロン大統領は3月25日、軍の野外病院を訪れる際、マスクを着用しています。一方、ドイツのアンゲラ・メルケル首相がマスクを着用して登場したのは意外と遅く7月に入ってからでした。

中国では「全世界が喜ぶ!」という投稿に「いいね!」5万5千件

トランプ大統領は4月の記者会見で新型コロナウイルスを殺すために消毒薬を注射したり、非常に強力な光を体に照射したりすることをほのめかすなど、生命に関わる無責任な発言を繰り返してきました。

新型コロナウイルスに効くと主張してきた抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについても5月「自分は数週間にわたって予防薬として飲んでいる。良い話をたくさん聞いた」と発言し、波紋を広げました。

コロナ治療でヒドロキシクロロキンが投与された症例から不整脈、心停止、突然死といった生命に関わる副作用の報告が相次ぎ、米食品医薬品局(FDA)は病院外で使用しないよう注意を呼びかけています。

中国のソーシャルメディア上でもトランプ大統領の感染は大きなニュースとなり、「全世界が喜ぶ!」という投稿にわずか1時間で5万5000件の「いいね!」が付きました。

欧州では「間違っても漂白剤を注射しないようにね」というツイートも見られます。いよいよ土俵際に追い詰められたトランプ大統領に奇跡の大逆転劇はあるのでしょうか。

(おわり)