「本当に怖い。これから何が起きるか分からない」“民主の女神”アグネスさんが香港国家安全法の恐怖を語る

香港”民主の女神”周庭さん(右端)(写真:ロイター/アフロ)

[ロンドン発]黄之鋒氏とともに2012年の国民教育反対運動、2014年の民主化デモ「雨傘運動」を率いた香港の「民主の女神」、周庭(アグネス・チョウ)さん(23)に中国による香港国家安全法導入についてインタビューしました。

日本のアイドルやアニメにも詳しい周さんはツイッターを通じて日本語で発信。フォロワーが40万9300人もいます。

「中国は一国二制度を完全に破壊しようとしている」

木村:今の状況を教えて下さい。

周さん:一言でいうと本当に怖いですね。これから何が起きるか分からない状況です。

木村:中国の全国人民代表大会(全人代、議会)でいきなり香港国家安全法の導入が決定されたのにはアグネスさんも驚かれましたか。

周さん:国家安全法が発表された日には正直びっくりしました。ウワサはずっとありました。国家安全法の導入で中国は一国二制度を完全に破壊しようとしています。

木村:昨年、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案を反対運動で何とか押し止めました。

周さん:法案は撤回されましたが、私たちの五大要求の一つに過ぎず、勝利したとは言えません。今は香港国家安全法阻止に集中しています。

木村:国家安全法の内容は分かっていますか。

周さん:分かっていることもたくさんあります。これから中国は香港に出先機関を設置することができます。これは危ないです。

木村:秘密警察の出先ということでしょうか。

周さん:秘密警察に限りません。もともと一国二制度というものがあって、香港には私たちのシステムがあります。中国はこれから香港を完全にコントロールしようとしています。中国は秘密警察も出先機関を通して香港に入ることができるようになります。

これからは香港警察に逮捕されるのか、中国警察に逮捕されるのかも分かりません。

「これまでも香港人は中国に政治的に拉致された」

木村:アグネスさんは何回か逮捕されていますよね。

周さん:3回逮捕されました。

木村:香港国家安全法が制定された場合、中国で裁判を受けることになる恐れもありますね。

周さん:それは分かりません。でも2015年には中国共産党に批判的な本を出版していた香港の銅鑼湾書店の店長らが次々と失跡した事件がありました。香港人が中国によって政治的に拉致されました。

これからはこうした拉致が合法的になる可能性があります。もともと香港人を中国で裁くことは拉致という形でできます。

木村:新型コロナウイルス・パンデミックの影響で9人以上の集会が禁止され、抗議行動をしにくくなっているのでしょうか。

周さん:今、警察の動きがすごく速くて、デモが始まる前に催涙弾を発射したり、逮捕したりしています。コロナの影響というよりは警察はコロナ対策の集会禁止を利用してたくさんの人を逮捕しています。

新型コロナウイルスを恐れてデモに参加しないのではなく、逆にコロナ対策で9人以上の集まりが違法になっていて警察や香港政府側はこれを利用してデモの参加者や民主化運動を支持するお店の人を逮捕したり、チェックしたりしています。

「今の段階では香港から離れたくない」

木村:習近平体制になってから一国二制度をなし崩しにして一国一制度にしようとする動きを加速させている理由は何だと思いますか。

周さん:これから一国二制度が一国一制度になってしまうということは香港人だけでなく、アメリカ政府も世界中の人々が認めることになる事実だなと思います。国家安全法が成立したらもう一国一制度です。

そうなれば中国は直接、香港に出先機関を設立できるようになるからです。それではもう一国二制度とは言えません。

木村:そうなった場合、アグネスさん自身は海外に政治亡命することも考えておられますか。

周さん:今の段階では香港から離れたくはありません。

木村:イギリス政府は中国が国家安全法を強行した場合、英国民(海外)旅券の有資格者285万人にイギリスで市民権を取得する道を開くと表明しましたね。アグネスさんのような若い世代は対象になっていません。

周さん:私は英国籍を持っていません。香港の状況は厳しいので、アメリカや他の国際社会が香港について自分たちの対策を打ち出すと思います。

「日本の政治家にももっともっと国家安全法に注目してほしい」

木村:安倍晋三首相が中国の習近平国家主席の国賓訪日を検討しています。自民党の外交部会と外交調査会が再検討を決議しました。

周さん:これから日本政府も政治家の方たちにも、もっともっと国家安全法に対して注目していただければと思います。日本の国会議員100人以上が香港国家安全法に反対する署名に参加しています。

まだ署名に参加していない人たちや国家安全法が何なのかを知らない人たちにも国家安全法による影響、日本に対する影響について理解していただければと思います。

木村:日本で印象に残った政治家はいますか。

周さん:今回、反対署名をしたのは与党・自民党だけでなく、野党の方もいました。与党、野党関係なく、香港の人権や自由、法の支配のために声を上げないといけないと考えていると感じられました。

「中国の愛国教育は洗脳的」

木村:アグネスさんはいつからこうした運動に参加されていますか。

周さん:2012年の国民教育反対運動からです。香港政府が愛国教育をやろうとしていて、愛国教育は楽しくないというか洗脳的です。中国共産党政権をずっとほめる教育は正しくないと思い参加しました。

木村:最近の人権団体の報告書では逮捕された若者が香港警察に暴行や拷問を受けたという例が多数あります。アグネスさん自身、3回も逮捕されていますが、ひどい目には遭っていませんか。

周さん:私は警察に虐待されたことはありません。私の名前はよく知られているので、虐待されたら大きなニュースになります。しかし知名度のない若者やデモ参加者たちを警察が虐待したり、女性に対していろいろ否定的なことをしたりすることはたくさんありました。

木村:アグネスさんのご両親は心配されていませんか。

周さん:2012年の時には国民教育反対運動に参加することを反対していましたが、これまで8年間参加しました。

「9月の立法会選挙はあるかどうかも分からない」

木村:アグネスさんも政党・香港衆志(デモシスト)のメンバーですか。9月の立法会選挙に出る予定はありますか。民主派が勝つ可能性はありますか。

周さん:はい。でも立法会選挙には出る予定はありません。9月の立法会選挙についてはまず、あるかどうかすら分かりません。親中派の話では、国家安全法に反対する人は選挙の資格を取り消される可能性があります。

すでに政権に反対している人は立候補できない可能性もありますし、選挙すら行われない可能性もあります。第二に選挙が行われた場合、民主派が過半数をとることがとても大事だと思います。立法会選挙でたくさんの票をとることは国際社会にとっても明らかなメッセージになると思います。

まだ香港人はあきらめていないという香港の民意をはっきりと国際社会に示すことができます。立法会選挙が行われるとしたら、結果がとても大事だと思います。

木村:習主席は香港の民主化の動きが中国本土に広がることを恐れているのでしょうか。

周さん:中国が一番恐れているのは香港と国際社会の交流だと思います。今回もそうした交流を阻止するために国家安全法の導入を強行しようとしているのだと思います。

香港はどんどんコントロールされているうちに、国家安全法が制定されると人権団体も中国に反対の立場をとっている団体も弾圧の対象になると思います。

(おわり)