サッカー韓国代表にとって極めて重要な2試合が行われる。2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で27日にレバノン、2月1日にシリアといずれもアウェーで対戦する。

 グループAの韓国は4勝2分の勝ち点14の2位で、1位のイラン(勝ち点16)を追う展開。ただ、3位のUAEの勝ち点が6と差が大きく開いている。

 ここで2位の韓国が、今回の2連戦でW杯出場を決められるケースが2つある。

 一つは、27日に韓国が勝利して、早々に本大会出場を決めるパターンだ。

 3位のUAEが27日のシリア戦で、引き分け以下で勝ち点3を得られず、韓国が同日のレバノン戦に勝利すれば、W杯出場が決定する。

 もう一つは、韓国がレバノンとシリアの2連戦で勝利すれば、同グループの結果を待たずして、10大会連続11回目のW杯出場が確実に決まる。

 今回、韓国代表メンバーの中に、エースFWソン・フンミン(トッテナム)とFWファン・ヒチャン(ウルヴァーハンプトン)は、ケガで招集が見送られた。

 海外組はJリーグのGKキム・スンギュ(柏レイソル)、DFクォン・ギョンウォン(ガンバ大阪)の2名のほか、DFキム・ミンジェ(フェネルバフチェ)、MFチョン・ウヨン(フライブルク)、MFファン・インボム(ルビン・カザン)、MFイ・ジェソン(マインツ)、MFチョン・ウヨン(アルサッド)、FWファン・ウィジョ(ボルドー)となっている。

 そのほかは国内組だが、Kリーグでプレーする選手で挑んだトルコでの強化試合の結果を見ても、トルコ合宿の調整はうまくいったようだ。

 15日のアイスランド代表に5-1、21日のモルドバ代表に4-0で完勝。MFクォン・チャンフン(金泉尚武)、MFペク・スンホ(全北現代)、DFキム・ジンギュ(全北現代)らがこの2試合でゴールを決める存在感を見せつけた。

 さらに好調のファン・ウィジョに期待がかかる。

 チームに合流する直前の第22節(23日)、ストラスブール戦でハットトリックを決めて勝利に貢献。さらにフランスリーグでアジア人最多得点(リーグ77試合で27ゴール)を更新し、心身ともに充実した状態だ。

 チームに合流したファンは「自信が上がってきているし、パフォーマンスもいい状態にあり、とても気分がいい。代表でもいい活躍がしたい」と語っている。

 一方、日本、サウジアラビア、オーストラリアと拮抗するグループBを尻目に、この2連戦で韓国はソン・フンミン不在の中、W杯出場を決めるかもしれない。