「空席もったいない」と本田圭佑がAFC規定に苦言。広島対メルボルン戦のチケット完売でもガラガラのワケ

日本凱旋してから様々なことを語っていた本田圭佑(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)サンフレッチェ広島対メルボルン・ビクトリー戦。

 メルボルンの主将としてスタメン出場したMF本田圭佑。試合は広島に1-2で敗れたが、随所に見せ場を作り、攻撃の起点となった。

 後半26分には右サイドからDFストーム・ルーが折り返したクロスに、中央に走り込んできた本田がスライディングシュートで同点ゴールを決め、久しぶりの日本で躍動した。

 この日、広島はチケットが完売したと発表。このニュースは“本田効果”も相まって、ある程度、予想されていたかもしれない。

 ただ、ホームスタジアムの「エディオンスタジアム広島」に足を運んでみると、異様な光景が目に飛び込んできた。

 スタンドの空席が目立っていたのだ。そもそも、同競技場の最大収容人数は約3万5000人だが、この日、集まった観客は8968人。

 何も知らない人の中には「なぜそんなに少ないの?」と感じる人がいてもおかしくはないだろう。

「背もたれの座席が必要」のAFC規定

 結論から言えば、“完売”したのはアジアサッカー連盟(AFC)の規定に沿って販売した席ということだ。

 では、そのAFCの規定とは一体なんなのか。

 もっとも分かりやすいのが、ACLの試合では「背もたれがないシートは使用できない」と定められていることだ。

 エディオンスタジアム広島は今季、長椅子形式のシートから“背もたれ”のある新しい座席に一部、改修しているのだが、その部分のチケットが完売した。

 ただ、ゴール裏や上層席は長椅子なので、AFCの規定に沿って開放されなかった。空席が目立ったのはそれが理由だ。

 久しぶりの日本での試合を楽しみにしていた本田が、この光景に気づかないはずがない。

「満員でないスタジアムに違和感」

 試合後、本田はこのことについて自身の見解についてこう語った。

「日本に来ているのに、スタジアムが満員じゃなかったのは、違和感しかありません。まずAFCのルールを変えたほうがいい」

 用意された座席分がすべて完売したことについては、本田も知っていた。そのうえでこう持論を展開しはじめた。

「やっぱり空いているスペースがもったいないですよ。広島はプロ野球のカープが人気があるって聞きました。サンフレッチェもいいサッカーをしているのに、今日みたいな日は、もっとたくさんの人が応援してもいいんじゃないかなと思います」

 本田はベンチシートでも、見たい人たちがいるなら、もっと観客を入れるべきだという考えだ。

次の話題は東京五輪か

 確かにこの日、Jリーグと違う限定数の座席のため、チケット完売が早く、当日券は販売されていなかった。

 広島のサポーターやファンだけでなく、本田を一目見てみたいとスタジアムに足を運んだ人、運んでみようと思った人もいたに違いない。

 そんな人たちの足を遠ざけてしまうような形にもなりかねないAFCの規定と観客の少なさに敏感に反応していた本田。

 日本に凱旋してから感じることがたくさんあったのだろうか、口数も多かったように思う。

 気づいたことをたくさん口にして問題提起し、足跡を残していった。それに、最後はゴールという結果を残して日本を去った。

 次は2020年東京五輪でオーバーエイジ枠での出場を本気で狙っているが、まだまだ話題が尽きることはなさそうだ。