契約解除の翌日に再契約に合意! マリナーズとケンドール・グレーブマンそれぞれの思惑とは?

契約解除された翌日にマリナーズと再契約したケンドール・グレーブマン投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【マリナーズがグレーブマン投手と再契約】

 マリナーズが現地時間の10月29日に、ケンドール・グレーブマン投手との再契約を発表した。

 契約内容についてはチームから発表されていないが、USAトゥデー紙のボブ・ナイチンゲール記者によれば、基本年俸は125万ドル(約1.3億円)で、登板試合数やMLB在籍日数に応じて最大250万ドル(約2.6億円)のインセンティブが支払われる模様だ。

 グレーブマン投手は前日にマリナーズから来シーズンの契約オプション権が破棄され、FAになったばかりだったが、わずか1日スピード再契約となった。

【支払保証額は契約オプション権の年俸の約半額】

 昨年オフにマリナーズと契約したグレーブマン投手は先発投手として期待されていたが、今シーズンはシーズン開幕から2試合先発したものの、防御率8.31でいずれも敗戦投手に。その後は中継ぎに転向し9試合に登板し、1勝1敗、防御率3.60を残していた。

 今回のインセンティブを見ても、来シーズンは中継ぎ投手として期待されているようだ。

 ちなみに昨年オフのマリナーズとの契約内容は、今シーズンの年俸が150万ドル(約1.6億円。ただし短縮シーズンにより実際の支払額はその37%)で、2021年シーズンはマリナーズが契約オプション権を保有し、オプション権が行使されれば、350万ドル(約3.7億円)の年俸が保証されるというものだった。

 しかしマリナーズは10月28日に50万ドル(約5250万円)の契約解除料を支払う代わりにオプション権を破棄したため、グレーブマン投手はFAになっていた。

 仮にグレーブマン投手がすべてのインセンティブをクリアすれば、総額375万ドル(約3.9億円)を得ることになり、わずかながら契約オプション権の年俸を上回ることになる。

 だがその一方で、現時点でマリナーズからの支払いが確定している額は、基本年俸と契約解除料を合わせた175万ドル(約1.8億円)に留まっており、結果的に今回の再契約で、マリナーズは年俸を約半額に抑えることに成功している。

【選手にとって年俸削減の受け入れが唯一の選択肢?】

 グレーブマン投手のみならず、オフシーズンが始まった10月28日から多くの選手が所属チームから契約オプション権を破棄され、FAになっている。

 29日になっても、ブルワーズが1500万ドル(約17億円)を保証したライアン・ブラウン選手との契約オプション権を破棄し、またインディアンズも1000万ドル(約11億円)を保証したブラッド・ハンド投手との契約オプション権を破棄した上で、さらに40人ロースターから外すウェーバーに入れた等のニュースが続いている。

 選手にとって厳しいオフシーズンになることが確実になる中、契約交渉に時間をかけすぎ、いつまでも再契約できないというのが、選手にとって最悪のシナリオになってくる。

 それならば今回のグレーブマン投手のように、年俸削減は覚悟して、チームからオファーが届く間に契約してしまおうという選手が出てきてもおかしくはないだろう。

 現時点でオフシーズンの動向をすべて把握するのは難しいが、グレーブマン投手のスピード再契約が1つの指針になっていないだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    2020年の「最も平均的な打者」は…。パ・リーグには打率も出塁率も長打率も平均と1ポイント差の打者宇根夏樹11/28(土) 11:35
  2. 2
    選手を犠牲にしたB1島根スサノオマジック林壮一11/28(土) 0:01
  3. 3
    今オフ引退の愛すべき韓国元代表選手 遠征先のホテルで日本人夫婦の部屋にちん入の過去室井昌也11/28(土) 7:30
  4. 4
    【ジャパンカップ展望】話題の3強、安定の友道勢、仏の刺客…番狂わせはある?花岡貴子11/28(土) 5:00
  5. 5
    OPSリーグ1位と2位が揃う打線の得点力は高い!? セのトップ2は東京ヤクルトの村上宗隆と青木宣親宇根夏樹11/28(土) 7:00
  6. 6
    東京ヤクルトに入団するサイ・スニードは、サイ・ヤング賞投手ではないけれど…宇根夏樹11/28(土) 16:06
  7. 7
    「エリクセンよ、みじめだぞ!」 マドリー戦の屈辱的な敗戦処理は戦力外通告?中村大晃11/28(土) 11:12
  8. 8
    すでに“日本一”決定という名目は形骸化?! リーグ格差を解消するための日本シリーズ改革案菊地慶剛11/26(木) 11:34
  9. 9
    マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズはなぜ今週末に激突?試合形式はどうなる?三浦勝夫11/26(木) 16:57
  10. 10
    マラドーナから始まった「テコンドーサッカー」 韓国からも惜しむ声相次ぐ吉崎エイジーニョ11/28(土) 18:59