ロボット審判によるストライク判定など7項目! MLBが独立リーグで試験導入する改革案を正式発表

ゲーム改革に積極的な姿勢を示したロブ・マンフレッド=コミッショナー(写真:つのだよしお/アフロ)

【MLBが遂にゲーム改革に乗り出した】

 すでに本欄でも報告しているが、MLBがつい先日、米国内でトップクラスの独立リーグである『アトランティック・リーグ』と3年間の業務提携を結んだ。米メディアの報道によれば、単なる業務提携ではなく、MLBが将来的に採用を考えている改革案を同リーグで試験運用するのが主目的としていた。

 そうした改革案についてもメディアの間で報じられてきたが、遂にMLBが具体的な内容を明らかにしたのだ。ツイッターのMLB広報アカウントも、以下のようにツイートしている。これらの改革案はすべて、今シーズンのアトランティック・リーグで採用される予定だ。

【試験導入7項目を一挙紹介!】

 それでは試験導入される7項目についてチェックしていきたい。

 ・レーダー追尾システム『トラックマン』を使用し、主審のストライク、ボール判定の補助

京セラドームに設置されている『トラックマン』(筆者撮影)
京セラドームに設置されている『トラックマン』(筆者撮影)

 ・投手交代もしくは負傷以外でコーチ、選手がマウンドに行くのを禁止

 ・投手は負傷時を除き、最低でも3人の打者もしくはイニングの最後まで投げないと交代できない

 ・一塁、二塁、三塁ベースのサイズを現在の15インチ四方(約38センチ)から18インチ四方(約46センチ)に拡大

 ・投手がボールを投げる時点で二塁ベースを挟んだ両側にそれぞれ2人の内野手がいなければならない(シフト守備の禁止)

 ・イニングの攻守交代や投手交代の制限時間を2分5秒から1分45秒に短縮

 ・投手のプレートの位置を24インチ(約61センチ)後方に下げる(シーズン後半戦のみ採用/マウンドの高さ、傾斜は変更無し)

 大きな変更点は、やはりマウンド位置の変更とシフト守備の禁止になるだろう。この2つが実際にMLBで導入されれば、試合が大きく様変わりするのは間違いないところだ。これら2項目はいずれも投手に不利にはたらくことになりそうだ。

 現在オープン戦で試験導入されている「ピッチクロック」についても、投手の間で不満の声が挙がっている。果たして投手たちはどう考えるのだろうか。

【本格導入には選手会の了承が必要】

 これら7項目はあくまでアトランティック・リーグで試験導入されるだけで、今シーズン中にMLBで正式採用されることはないが、早ければ来シーズンから導入される可能性はある。

 これらが正式採用されるには選手会の了承が必要になってくる。彼らを説得するにはその効果を具体的に示すのも重要なことだ。そのための試験導入するための場を求め、アトランティック・リーグと業務提携を結んだわけだ。

【将来的にはNPBにも波及?】

 MLB主導でベースのサイズやマウンド位置が変更されることになれば、将来的には彼らが主催するWBCでも採用される可能性もあり、そうなればNPBへも影響を及ぼすことになるはずだ。決して看過することはできない動きだ。

 NPBとしては、今後もMLBのゲーム改革を注視していくしかないだろう。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    来場所の番付編成はどう変わる? 正代の大関昇進で「新三役確実」の力士は?飯塚さき9/30(水) 7:00
  2. 2
    グランアレグリアの藤沢調教師が、駆け寄って来て言った”皆が驚いた言葉”とは?平松さとし9/30(水) 6:30
  3. 3
    ついに始まるNBAファイナル! レブロン・ジェームズvs.アンドレ・イグダーラがまた見られる!!林壮一9/30(水) 0:01
  4. 4
    日本代表のスクラム博士が…。湯原祐希さん死去。【ラグビー雑記帳】向風見也9/30(水) 13:48
  5. 5
    ”オール欧州組”となるオランダ遠征。日本代表のメンバーを大予想河治良幸9/29(火) 16:15
  6. 6
    長谷川穂積は諦めなかった。『初心』をふり返りながら苦悩に立ち向かう宮崎正博9/30(水) 14:00
  7. 7
    志高きRIZINのエース・那須川天心のボクサー転向の刻は近づいている。だがその前にどうしても武尊戦を近藤隆夫9/29(火) 9:25
  8. 8
    日米でさらに差が広がる球数問題! NPB出身先発投手がMLBで成功するのはさらに困難に?菊地慶剛9/30(水) 9:00
  9. 9
    心優しき献身ラガー~追悼、フッカー湯原祐希さん松瀬学9/30(水) 16:30
  10. 10
    正代だけじゃない秋場所を盛り上げた力士たち。千代の国の十両優勝と業師・宇良の復活劇飯塚さき9/29(火) 7:00