ラニーニャ現象はこの春、終息した。夏から秋にかけては平常の状態となる可能性が高いが、過去には間を置かずにエルニーニョ現象が発生したことも。カギを握るのは海洋内部の暖水だ。

日米豪ともにラニーニャ終息

 4月のエルニーニョ監視海域(南米ペルー沖)の海面水温の基準値との差はマイナス0.8度で、2020年6月から11か月連続で基準値を0.5度下回りました。貿易風(東風)は太平洋赤道域の中部で平年より強くなりましたが、日付変更線付近の対流活動は平年並みだったことから、平常の状態に戻りつつあります。

 また、米気候予測センター(CPC)とオーストラリア気象局(BoM)も同様の見方を示し、ラニーニャ現象は終息し、現在は平常の状態(neutral)であるとしています。

今後の見通しは?

 気象庁(JMA)のエルニーニョ予測モデルによる最新の予想では夏から秋にかけて70%の確率で、平常の状態となる可能性が高いとしています。

エルニーニョ予測モデルから得られた今後の予測(気象庁の予想から著者が作成)
エルニーニョ予測モデルから得られた今後の予測(気象庁の予想から著者が作成)

 上図の折れ線グラフはアンサンブル平均値です。そして、薄い灰色で示した範囲は海面水温の基準値との差が70%の確率で入る範囲を示しています。

 アンサンブル平均値は夏に向かって基準値に近づき、エルニーニョ現象発生の目安となるプラス0.5度に近づく可能性がありますが、秋にかけて概ね平常の範囲に収まる見通しです。

過去にはエルニーニョ発生も

 ラニーニャ現象が終息する季節にははっきりとした特徴があり、春が全体の6割を占めます。

ラニーニャ現象が終息した季節:1949年以降の15シーズンを季節で分けたグラフ(著者作成)
ラニーニャ現象が終息した季節:1949年以降の15シーズンを季節で分けたグラフ(著者作成)

ラニーニャ現象が春に終息した年はその後、どうなったのでしょう?調べてみると、そのまま平常の状態が続いた年が6年、エルニーニョ現象が発生した年が3年ありました。事例は少ないですが、過去には2018年のようにあまり間を置かずにエルニーニョ現象が発生することがあるようです。

暖水の東進がカギ

 夏から秋にかけての天候を考えるうえで、エルニーニョ・ラニーニャ現象は重要な要素です。これには海洋内部の水温がカギを握ります。エルニーニョ現象は海面水温で説明されますが、エルニーニョ現象を支えているのは海洋内部の暖水です。

太平洋の赤道に沿った水温の平年偏差の断面図(2021年4月、気象庁ホームページより。理解を助けるために著者が矢印と言葉を加えた)
太平洋の赤道に沿った水温の平年偏差の断面図(2021年4月、気象庁ホームページより。理解を助けるために著者が矢印と言葉を加えた)

 上図は赤道に沿った海洋内部の水温を平年と比べた図(2021年4月)です。太平洋赤道域西部の深さ100メートルから200メートル付近に平年より水温の高いところがあります。この暖水が東に進み、南米ペルー沖の海面水温をさらに上昇させるものとみられます。

 これだけでエルニーニョ現象が発生することはありませんが、継続して暖水の影響を受けるようになったら、状況が変わる可能性もあります。

【参考資料】

気象庁(JMA):エルニーニョ監視速報(No.344)、2021年5月12日

米気候予測センター(CPC):EL NIÑO/SOUTHERN OSCILLATION (ENSO)

DIAGNOSTIC DISCUSSION、13 May 2021

NOAA Climate.gov:May 2021 ENSO update: bye for now, La Niña!、May 13, 2021

オーストラリア気象局(BoM):Climate Driver Update Large scale climate drivers neutral、25 May 2021