東京都心は積雪なし 大雪報道に問題は?

関東地方の雪予想と実際の天気を比べたもの。東京都心は積雪ならず(著者作成)

 31日夜、東京都心はみぞれが降ったものの、積雪には至らず。天気予報は大雪一色のなか、予想よりも高い気温に疑問を持ったが、予想を修正することはできなかった。

終始、みぞれで

 タイトル表紙は関東地方の雪予想と実際の天気を比べたものです。31日午後10時、東京都心を含む関東地方の広い範囲で雪が予想されていました(左上)。

 しかし、実際は雪の範囲は予想の半分程度、東京都心は雨やみぞれでした(右下)。

 気象台の観測によれば、東京・大手町でみぞれが降ったのは午後10時過ぎから午前0時前までの約2時間。積雪には至りませんでした。

 当初、東京都心で積雪の可能性は低いとみられていました。しかし、31日昼前になって、東京地方に大雪に関する気象情報が発表され、1センチ程度の積雪が盛り込まれたことから、天気予報は大雪一色に。繰り返し、雪の予想が伝えられました。

予想より高い気温に疑問も

 当時を振り返ると、いつ東京都心で雪が降るのか、どのくらい積もるのか、そのことで頭がいっぱいでした。

 雨が降り出したのは午後5時頃から、気温をみると10度くらいあります。徐々に気温は下がっていきましたが、予想よりも2度くらい高い。このあと雪に変わるのだろうか?と疑問が湧きました。

【東京】気温と降水量の変化グラフ(1月31日、著者作成)
【東京】気温と降水量の変化グラフ(1月31日、著者作成)

東京の雪に3つのハードル

 東京都心では年に数回ほど、積雪を伴う雪予想がでます。2013年から2018年までの15例をみると、ほぼ的中したと思われるのは半数の7例です。

 東京の雪予想には3つのハードルがあり、一つ目は降水があるかないか、二つ目は雨か雪か、三つ目は積もるか積もらないかです。積雪の予想はこの3つをクリアしなければならず、予想の的中率は低くなりがちです。

【東京】積雪予想の検証結果(2013年から2018年まで、著者作成)
【東京】積雪予想の検証結果(2013年から2018年まで、著者作成)

 首都圏では数センチの積雪でも交通機関への影響が大きく、関心が非常に高い。だからでしょうか、天気予報を伝える側も最悪の状況を念頭に、「注意してください」よりも「警戒してください」と強めの表現になってしまいます。

 しかし、それでいいのかと迷いもあります。予想と実際の天気のずれを軽視せず、的確な気象情報を伝えることが大切。肝に銘じたいと思います。

【参考資料】

気象庁:雪に関する関東甲信地方気象情報 第1号、2019年1月30日16時48分発表

気象庁:大雪に関する東京都気象情報 第1号、2019年1月31日11時29分発表

気象庁:大雪に関する東京都気象情報 第2号、2019年1月31日16時49分発表