サングリント 宇宙からみた春

ひまわり8号のサングリント「太陽光が海面に反射した像」(2017年3月17日)

ひまわり8号に写る太陽光の反射

きょう(17日)は彼岸の入り。日脚が長くなってきたことを実感します。

こちらはひまわり8号からみた両半球(上)です。いつもは日本サイズですが、赤道付近に目を向けると、あるものが見えてきます。

黄色の丸で囲った部分に注目してください。白くぼんやりとしたものが見えませんか?

サングリント(ひまわり8号RGB合成画像)
サングリント(ひまわり8号RGB合成画像)

これは「サングリント」といって、太陽の光が海面で反射した像です。春分が近づき、サングリントは赤道付近に移動してきました。

一方、冬至(下)の頃のサングリントは南半球にあり、北半球は今と比べると、ずいぶん暗いです。

また、サングリントは海面を吹き渡る風が強いと大きく、風が弱いと小さく見えるため、その大きさから風の強弱もわかります。

このように、ひまわり8号は雲を観察するだけでなく、太陽光が反射する位置からも季節の変化を知ることができます。

北の海は流氷

サングリントが赤道付近にやってきても、まだ、北の海は冬です。

きょう(17日)のオホーツク海の様子です。

ひまわり8号からみた流氷(合成画像,2017年3月17日)
ひまわり8号からみた流氷(合成画像,2017年3月17日)

青緑色(シアン)に見えるのが海氷や積雪です。北海道に積もっている雪、そして流氷がオホーツク海北部から南へ、網走付近に達していることがわかります。

【参考資料】

気象衛星センター:サングリント,「ひまわり」で見る四季の気象ー雲画像の見方ー