---------------------------------------------------------------------------------------

石川 温の「スマホ業界新聞」

2021/09/11(vol.435)

---------------------------------------------------------------------------------------

《目次》

1.KDDIが6G時代に向けてスペースXと提携へ

-----ASTの低軌道衛星とスマホの直接通信は実現するのか

2.菅政権退陣で通信会社の株価が爆上がり

------20GBが足りなくなる2023年あたりに料金プラン改定か

3.アップルvs.エピック訴訟、市場独占は認められず

-----アップル課金はアプリからウェブに拡大か

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

---------------------------------------------------------------------------------------

1.KDDIが6G時代に向けてスペースXと提携へ

-----ASTの低軌道衛星とスマホの直接通信は実現するのか

---------------------------------------------------------------------------------------

6G時代に向けて「空」が面白くなってきた。

9月10日、日本経済新聞がKDDIと米・スペースXが提携すると報じた。KDDIは「当社が発表したしたものではない」としているが、同社は9月13日に新サービス発表会を開催する予定であり、そのタイミングで発表、もしくは質疑応答で何かしらの発言があるだろう。

すでにソフトバンクがHAPSモバイルとして、空から通信の開発に熱心だ。NTTドコモもHAPSに取り組んでいる。楽天モバイルも米・AST Space Mobileとともにスペースモバイル計画を進めている。

一部では、今度発売されるiPhoneが「衛星通信に対応している」という噂があったが、最近になって否定報道が出始めた。

各社が衛星からの通信に取り組み、今後、実用化されることで「圏外がなくなる」と期待されるが、それぞれ仕組みが異なっている。そのあたりがあまり理解されていないようにも思う。