auが4割値下げプランを発表。容量制限のない「使い放題プラン」も

撮影:筆者

 KDDIは5月13日、2019年夏より新料金プラン「auデータMAXプラン」を開始すると発表した。

 日本初となる月間データ容量に上限がなく、完全な「使い放題」のプランとなる。

 基本料金は月額8980円。しかし、家族3人以上で加入すれば毎月1000円引き、さらに固定インターネット回線を組み合わせると毎月1000円引き、さらにキャンペーンで加入翌月から6ヶ月間、毎月1000円が引かれる。これらの割引がすべて適用されると、最初6ヶ月間は5980円で利用可能となる。

 大容量のプランはすでにソフトバンクが提供しているが、月間50GBで、動画やSNSが使い放題というものだ。今回、KDDIが発表したプランはそうした月間の容量制限がなく、当然のことながら動画もSNSも使い放題だ。

 ちなみにテザリングや国際ローミング時には月間20GBの制限となる。

 さらにKDDIでは、家族3人の契約で一人あたり月額1980円から使える「新auピタットプラン」、7GBでSNSではデータが消費しない、月額3480円から使える「auフラットプラン7+」も導入する。

 昨年8月、菅官房長官が「携帯電話料金は4割値下げできる余地がある」と発言。NTTドコモが先日、新料金プラン「ギガホ」「ギガホライト」を発表したが、さらにKDDIも今回の新料金プランで4割値下げに対応した格好だ。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ