グーグルのスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.228

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

石川 温の「スマホ業界新聞」

2017/05/20(vol.228)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術」(朝日新聞出版)、好評発売中。

http://amzn.asia/adfOGI9

《目次》

1. Google Assistantが今夏に日本語に対応。スピーカーも発売決定

━━グーグルのフラグシップスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか

2.グーグルがGoogle Playで日本市場を改めて重視

━━マシンラーニングがマンガの読みやすさを進化させていた

3.基調講演でAndroid Oの詳細を改めて紹介。ベータ版の配信も開始

━━どこかiOSの後追い感が強く、やはり「モバイルは二の次」なのか

4.今週のリリース&ニュース

5.編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. Google Assistantが今夏に日本語に対応。スピーカーも発売決定

━━グーグルのフラグシップスマホ「Pixel」、日本上陸はあり得るのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のGoogle I/Oで、日本として最も大きなトピックと言えば、Google Assistantの日本語対応、さらにGoogle Homeの日本での発売だ。

Google Assistantの日本語対応はこの夏から、一方、Google Homeの日本発売は「売ることは決まっているが、具体的な日程はこれから」(グーグル広報部)とのことだ。

当然、Amazonも日本市場への進出を検討しているだろうし、LINEも人工知能「Clova」を搭載したスマートスピーカーを今夏に発売しようとしている。

各社とも他社の動向を睨みながら、発売時期を決めてくるだろう。ただ、こうしたデバイスを販売するには、対応アプリやコンテンツを揃える必要がある。

国内で有力なコンテンツを持つ会社には、すでにグーグルやアマゾンなどから声がかかっている。彼らによれば「年末までの発売を目指していると聞いている」(業界関係者)ということだったが、今回、日本展開が正式発表になったことで、スケジュールも前倒しになる可能性もありそうだ。

また、Google Assistantが日本語に対応したことで期待したいのが、グーグルのスマホ「Pixel」の日本発売だ。これまで、Nexusシリーズが日本でも発売されていたにも関わらず、Pixel導入されないのは「Google Assistantが日本語に対応していないからではないか」と言われていた。

この記事は有料です。
石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

石川 温の「スマホ業界新聞」のバックナンバー2017年5月サンプル記事

石川温

価格

550(記事4本)

2017年5月号の有料記事一覧

すべて見る

日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。