いよいよ大詰めを迎えた大相撲秋場所。前半戦こそ、新横綱・照ノ富士の独走状態だったが、大栄翔・明生に土をつけられたことで、展開がわからなくなってきた。

お手本のような相撲を見せた妙義龍

十四日目。2敗でトップを走る照ノ富士を追うのは、3敗の遠藤・阿武咲・妙義龍の3人。しかし、遠藤は逸ノ城の土俵際の突き落としに、阿武咲は明生の立ち合いでのはたきに倒れ、あっけなく4敗へと後退してしまった。

残るは妙義龍ただ一人。対する大関・正代は、すでに勝ち越しを決めていることで、精神的にも余裕があり、本来の強さを発揮する可能性が高いと思われた。しかし――。

胸で当たる正代に対し、頭で強く当たった妙義龍。と同時に、左の前まわしを力強くつかんだ。頭をつけたまま両前みつを取って引きつけ、そのまま一気の寄り! これぞ理想的な相撲だ。2大関を撃破して優勝戦線に残ったという事実はもちろん、まるでお手本のような見事な相撲に、大きな感動を覚えた。

優勝に一歩前進の照ノ富士

この日の優勝決定がなくなったのを目の前で見届けた照ノ富士は、一瞬天を仰いだ。しかし、彼の胸中には「誰が勝って誰が負けようと、自分は自分のやるべきことをただやるだけ」という思いがあったに違いない。その証拠に、これまで数々の死闘を繰り広げてきた大関・貴景勝を相手に、冷静な相撲を取った。

立ち合いから序盤は、貴景勝が下から突き上げるように重い突きを繰り出していたが、自ら差し込んでしまった。貴景勝も必死に抵抗するが、照ノ富士が左から連続の投げを打ち、上手投げが決まった。これで、優勝に一歩前進した照ノ富士。しかし、この2人の取組は、いつも見応えたっぷりである。

いよいよ迎えた千秋楽。優勝を争う2人が、結びで直接対決、という流れにはならなかったが、面白い展開であることに変わりはない。照ノ富士は正代と、妙義龍は勝ち越しのかかる明生との対戦。このまま照ノ富士が新横綱の場所を優勝で飾るのか、それとも妙義龍が意地を見せ、一波乱起こしてくれるのか。大きな期待がかかる。

<参考>優勝争いの行方

▽12勝2敗 照ノ富士

▽11勝3敗 妙義龍

・照ノ富士が正代に〇 → 照ノ富士の優勝決定

・照ノ富士が正代に● 妙義龍が明生に● → 照ノ富士の優勝決定

・照ノ富士が正代に● 妙義龍が明生に〇 → 照ノ富士、妙義龍の優勝決定戦