このところ、豚骨ラーメンがまたアツい。

博多の豚骨ラーメンはもともと全国のご当地ラーメンの中でも人気はトップクラス。加えて、都内に広がる豚骨ラーメンの多くは東京に住んでいる人向けにアレンジされており、食べやすく作っているお店が多い。

そんななか、店内で寸胴を使ってガチガチに豚骨を炊く"武闘派"のお店がいくつかある。

グラグラと煮え立った豚骨スープに、独特の豚骨スメル。その中毒性に多くのファンが虜になっている。

今回はそんな武闘派の豚骨ラーメン店をご紹介したい。

博多長浜らーめん 田中商店

博多長浜らーめん 田中商店
博多長浜らーめん 田中商店

東京で豚骨ラーメンといえばここは絶対に外せない。

足立区一ツ家にある豚骨ラーメン1本で勝負し続けている人気店。2000年創業の老舗だが、今もその行列は途切れることがない。驚異の回転力、店内の活気、お腹の鳴る豚骨臭、やはりここは唯一無二だ。

叉焼麺
叉焼麺

こちらが「叉焼麺」

何といっても特徴はその重厚な豚骨スープ。極細麺をズズズっと啜るとスープがこれでもかとついてくる。

赤オニ
赤オニ

そして、ラーメンと一緒に「赤オニ」を注文してほしい。

「赤オニ」は辛い挽肉ペーストのことで、この器で「赤オニスープ」を作るのが「田中商店」流だ。

赤オニスープを作ってつけ麺風にして食べるのが「田中商店」流
赤オニスープを作ってつけ麺風にして食べるのが「田中商店」流

スープを入れて辛子高菜を入れて。これに麺をつけてつけ麺風にいただく。これがまた旨いのだ。

替玉
替玉

ラストは替玉だ。辛子高菜、紅生姜、ゴマを投入して味変していただく。

卓上アイテムをたくさん入れてもスープが全く壊れない喜び。これぞ横綱。大満足の一杯である。

最後の一滴まで旨い
最後の一滴まで旨い

ラーメン きら星

ラーメン きら星
ラーメン きら星

武闘派の豚骨といったらここは外せない。2004年創業の武蔵境にある人気店。

「きら星」の豚骨がとんでもない濃度になっているという噂を聞きつけ、筆者も今年久々訪れたが、悶絶レベルになっていた。

2種盛りチャーシューどとんこつ
2種盛りチャーシューどとんこつ

こちらが「2種盛りチャーシューどとんこつ」

寸胴3本で炊きまくった豚骨スープに、さらに小鍋で追い豚骨をするというとてつもない突き詰めぶり。店内の豚骨スメルもサイコーだ。

モチっとした麺が濃厚スープにぶつかる
モチっとした麺が濃厚スープにぶつかる

この濃度、ビター感。豚骨の分厚さは頂点レベルだ。薬味の清涼感がオアシスにすら感じる。

大ぶりのチャーシューがまた嬉しい。

店主・星野さんの意地と豚骨大好き魂が炸裂しまくった一杯。

中洲屋台 長浜ラーメン 健太

中洲屋台 長浜ラーメン 健太
中洲屋台 長浜ラーメン 健太

ここは最近一気に話題沸騰のガチ炊き豚骨ラーメン店。

もともと豚骨ラーメンを出していたお店が、福岡の名店「駒や」で本気の修業をされ、本場の味でリニューアルした。

高円寺あづま通り商店街沿い。歩いていると豚骨スメルがしてくるのですぐわかる。

カウンター横1列で店主の健太さんが目の前で作る。もはやステージのようで、臨場感がたまらない。

らーめん
らーめん

こちらが「らーめん」

具はチャーシュー、茹で卵、ノリ、ネギ、トゥル。「トゥル」というのはワンタンの皮状のもの。

麺は極細麺
麺は極細麺

クサウマ豚骨で最高のテンションに。これがここで食べられる奇跡。一瞬で福岡に旅行に来ている気分になれる。

替え玉で味変も楽しい
替え玉で味変も楽しい

もちろん替え玉もマストだ。

紅生姜、辛子高菜、ゴマ、キクラゲを投入して味変。これも最高に旨い。

大満足。女性客はゼロだったが、ここまで振り切った店主に拍手を送りたい。

とにかく「豚骨を感じたい!」と思った方には外せない3店を紹介してみた。

いずれも豚骨の100%の力を感じられる名店。ぜひ機会をみて足を運んでみてもらいたい。

※写真はすべて筆者による撮影

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】