東京2020大会の期間中、YouTubeは2億時間以上を記録し、ディスカバリーは新規有料会員数を約3倍に増加させた。「ストリーミング・オリンピック」の幕開けを象徴するものなのか。