成人式の主役は成人!成人が投票で区長の話を決める中野区

成人式会場に設置された模擬投票所

少し時期を逸した感じもあるが、今年の成人式でYouthCreateと中野区がともに行った新しい成人式の形を紹介する。

成人式の主役は成人であること、そして新成人の皆さんに成人としての心構えを持っていただく機会になる場を作ることを意識した。

<成人式と選挙啓発の違和感>

若者と政治をつなぐ活動、若年層の投票率をあげる活動を続けていると「成人式」というのは一つの狙い目となる。理由はおわかりのとおり、その街の新成人=投票権を得る年齢の人が集う場であるからだ。

そのため、全国の多くの自治体において、成人式で選挙や投票の意義に関してのパンフレットを配布したり、担当部署の方が選挙について説明を行なったり、何かのテーマで模擬投票を体験いただいたり。

例えば模擬投票はこんな感じ 

平成27年成人式模擬投票の結果について(むつ市)

画像

これらの啓発が必要なのはわかるが、ずっと感じていた違和感としては、「新成人の政治的意識や投票意欲を高めるために本当に効果があるのか」ということだ。0ではないだろうがもっといいやり方がないのかなと思っている。

成人式は式であると同時に、新成人が久しぶりの友達と会って近況報告をしたり、互いのおしゃれな格好をみて盛り上がったりそういう場でもある。

となれば、いかにその場の新成人が楽しみながら参加できるコンテンツであるかが大事な要素となる。

<新成人の投票で、区長の話すテーマが変わります>

今回YouthCreateの拠点がある中野区の成人式実行委員会や選挙管理委員会のみなさんと一緒に新しい試みを行った。

ずばり、「新成人の投票によって、今日の区長の話のテーマ変わります」という企画。

流れはこんな感じ。

1:会場の入り口で新成人に投票用紙を渡し、投票場所へ誘導

2;新成人代表と区長のトークセッションのテーマに関して投票をしてもらう

画像

3:式の最中に開票&集計

4:最も得票の多かったテーマに基づい新成人代表と区長のトークセッション実施!!

このセッションのモデレータを自分が行いました。

画像

5:最後に選挙管理委員会の方と自分の掛け合いでの選挙や立会人募集の案内。

<企画の3つの狙い>

1:実際に投票で何かが決まる事の体感

今回はトークセッションのテーマが変わるという、身近ではあるが、成人式という大きなイベントに自らの声が反映されるんだという実感を得ていただくことを狙いとしました。

2:変わりそうにないものが変わる。

本企画で言えば、区長が変わった。区長が動かせた!!

という経験は記憶に残るんじゃないかなと思っています。あ、若者の声で区長動くんだ!!って思ってもらえれば。

3:式の主役は成人である

いろんな人の協力や予算があってもちろん成り立っている式だし、その人たちの想いを成人が受け止める必要はある。でも、主役はなんといっても成人である。その成人の票で式典の中身が変わるというのは全国的に例を見ないものだと思っている。

<最後に>

このように少しの工夫により色々な場を、政治に興味持ったり、新成人が自身の持つ力を感じてもらうきっかけにしたいです。

ご協力いただいた皆さんありがとうございます。

ちなみに、壇上でセッションの最初に「区長、今日は新成人のみなさんは何を質問してもいいんですよね」と聞いたら「いいですが、答えたくないものは答えません」との回答。

中野区の区長は人間として大物であるということを改めて実感しました。