入賞を讃えたい

平昌五輪が開幕!(写真:ロイター/アフロ)

4年に一度の大舞台

 平昌五輪がスタートし、日本代表選手が躍動している。

 私は夏季五輪を経験したことで、選手たちがどれだけの強い覚悟と努力を重ね、その場に立っているのかを想像してしまう。競技が始まる前から、涙が溢れてしまうこともあるほどだ。

 私は、仕事で各地へ行き、「オリンピックで、連想するものは?」と質問することがある。老若男女問わず、大多数から「メダル!」と笑顔で答えが返ってくる。世間では「オリンピック=メダル」の印象が強いようだ。しかし私は、「オリンピック=メダル」だけではないと思っている。もちろん、メダルを獲得できる選手は、本当にすごい。4年に一度の大舞台で結果を残せる力は尊敬に値する。今後も期待を一身に背負った選手たちが、己の限界に挑み、必死に戦う姿を見届けたい。出場している全ての選手が持っている力を出し切れることを祈っている。

「メダルならず」の言葉

 平昌五輪が始まり、各方面で日本メダル第1号が誰になるのか報道がなされている。メダルを獲得することで、日本チームに勢いが付くこと、そして応援している人々も一緒に喜べることも確かなこと。しかし選手を支えている周囲の私たちが「メダル!メダル!」だけになってほしくない。

 現場の選手や指導者が結果を求め、評価することは当たり前のこと。自身の目標達成度から、今後の目指す場所を模索する。結果によって現場へ下りる強化費に違いも出てくる厳しい世界でもある。だからこそ、現場は厳しい評価をする。五輪の舞台で、どんな結果を残したいのか目標を立て、厳しいトレーニングを乗り越えてきた。結果をどのように受け止めるのかは、選手と指導者しか分からない。

 そんな中、今回、報道されているニュースの見出しを目にして違和感を感じた。スピードスケート女子3000mで5位入賞を果たした高木美帆選手についてのニュースには、「メダルならず」「メダル届かず」の文字。「悔いの残るレースをしたとは思っていない。」と話すように、低地での自己ベストタイムも更新する力強い滑りだった。

 「5位入賞!」表現は、これで十分。「メダルならず」の言葉はいらない。周りが判断する結果ではなく、選手や指導者の気持ち、言葉を表現してほしいと心から願う。

私の「4位」

 私は、夏季オリンピックに競泳日本代表として出場した経験がある。シドニー五輪メダリストです!と言えればいいのだが、私は200m背泳ぎで4位。0.16差で、銅メダルを逃した。何とも言えない気持ちだった。シドニー五輪から帰国し、街を歩いていると「ハギトモ、国の税金使って行ってるのに、メダルのひとつやふたつ持って帰ってこれなくてどうするんだ!」と面と向かって言われたことがある。もちろん、その通りだ。しかし深く傷ついた。

 メダル候補として挑んだオリンピックで、メダルを逃してしまった瞬間は、頭が真っ白。悔しさ、情けなさ、悲しさ、申し訳なさ・・・自分でも抑え切れない感情が心にぶつかってくる。とてもとても苦しい。その後、時間が過ぎ去る中で、自分自身と向き合う時間は、もっと苦しいものになる。でも忘れないでほしいことがある・・・4位になりたくて4位になった訳ではない。選手たちが必死に競技と向き合った結果ということを。

 勝負の世界、良いときもあれば、悪いときもある。当然のことだ。必死で努力し、チャレンジしても届かない想いもある。勝利を手にする人は、ほんのひと握り。でもそのひと握りへのチャレンジによって得られた経験は、かけがえのないものとなった。

東京2020へ向けて

 平昌五輪がスタートしたばかりで、東京2020の話をするのは早いのかもしれない。しかし私は、今だからこそ言いたい。

 東京2020では、表彰式を8位入賞者まで行ってほしい。メダル獲得者を讃えることはもちろんのこと、一緒に戦った入賞者までを讃えることも同じくらい価値のあることだと感じている。これは、スポーツの価値、アスリートの価値も高められる最高の機会だと考える。入賞者までを表彰することによって、「メダルを逃した選手」ではなく、「入賞した選手」となる。その違いは大きい。

 アスリートにとっても、支えてもらった人々への感謝の気持ちを表現する場になる。そして、チャレンジした自身を誇りに想い、最後の最後まで戦ったライバルと共にその場に立ち、讃え合い、認め合う時間にもなるだろう。

 もちろん物理的な問題もある。セレモニーの時間も限られている中で8位までを表彰することは難しい。しかもIOC(国際オリンピック委員会)の厳しいルールもあるはずだ。しかしやり方はいくらでもある。工夫を凝らして、実現したいと密かに考えているが、私一人の力では限界もあるだろう。しかしこの入賞セレモニーは、「卓越」「友情」「尊敬」を柱とするオリンピックバリュー(価値)をも高めることに繋がる。そして、日本がスポーツの価値を上げる瞬間にもなると信じている。