高齢者の人口比率の増加や一人暮らし世帯数の増加などに伴い、高齢者による自動車の交通事故が社会問題化している。その対応策の一つとして、高齢者に運転免許の自主返納を勧める動きがあるが、どのような実情なのか。内閣府が2021年3月に発表した調査「高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)」(※)の結果を基に、運転免許の自主返納などをした高齢者における、返納理由について確認する。

運転免許を自主返納などした人に対し、なぜそうしたのかを複数回答で尋ねた結果が次のグラフ。もっとも多い理由は「自身の運転に自信がなくなった」からで29.6%を占めた。

↑ 運転免許を自主返納などした理由(自主返納者など限定、複数回答)(2020年度)
↑ 運転免許を自主返納などした理由(自主返納者など限定、複数回答)(2020年度)

自信がなくなった理由までは明記されていないが、他の選択肢にあるような事柄を経験し、安全に運転を続けることが難しいという判断に至ったと解釈するのが妥当だろう。例えばいつも通っている道を間違えてしまうことが増えたりとか、停止線からはみ出て止まることが増えたとか、運転中にめまいを覚える機会が少なからずあったとか。

次に多いのは「高齢ドライバーによる重大な事故のニュースを見た」で22.5%。高齢者の無謀運転や、運転時の判断ミスによる交通事故のニュースは、それこそ毎日のように伝えられている。中には多数の犠牲者が生じてしまうものもある。交通事故そのものは高齢者によるものに限らず日々生じているのだが、年齢階層別人口構成比の増加もあり、高齢者の事故が目立ってしまう。それらのニュースを見て、自分も同じような事故を起こしてしまうかもしれないと考えるのは、当然の話ではある。

高齢者の運転免許問題でよく事例に挙げられる、他人からの自主返納の勧めとしては「家族など、周りの人に勧められた」が第4位に入っている。家族から勧められるケースは多々あれば、それが実際に自主返納に結び付くのはそれほど多くはないようだ。

自動車の運転が安全にできるような状態でないことは認識しているが、生活に必要だから半ば仕方なく運転を続けている高齢者もいる。そのような人には代替案の提示が欠かせないが、実際にそのような案が実現化したことで運転免許を自主返納などした人はあまり多くない。「駅やバス停が近くにできた」でも10.9%にとどまっている。「自動車で行っていたところに行く必要がなくなってきた」もほぼ同じ理由だが、こちらも11.7%と1割強。いわゆるシニアカーやタクシーチケットなどの普及が進めば、もう少し増えるのだろうか。

■関連記事:

【40代男性の過半数が「居眠り運転事故」を起しそうになったと自覚】

【死亡事故率2.5倍、89%は「対策強化必要」…高齢運転者の実情】

※高齢者の交通安全対策に関する調査(令和3年3月)

2020年12月から2021年1月にかけて65歳以上の人に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1500人。免許保有者は832人、自主返納者などは668人。都市区分では都市部在住者416人・地方都市在住者416人・その他417人・過疎地251人。都市区分に関しては「都市部」は特別区や指定都市、「地方都市」は中核市や施行時特例市、「過疎地」は過疎地域自立促進特別措置法により過疎地域とされている市町村、「その他」は都市部・地方都市・過疎地以外の市町村。「自主返納者など」は運転免許の全部の自主返納者および一部の自主返納者、免許を更新せずに置いておき、そのまま自主的に失効させた人。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。