海外の人と比べて日本人は自己肯定の意識が低いとの指摘がある。それでは今の小中学生は実のところ、どれほどの自己肯定意識を持っているのだろうか。文部科学省が2021年8月に発表した全国学力・学習状況調査(※)の結果を基に確認する。

次に示すのは、小中学生に対し自分自身によいところがあると思うかと尋ねた結果。具体的に何がどのようによいのかまでは尋ねていないので、概念的によいところがある、肯定できるものがあると考えているかを答えてもらっていることになる。小学生・中学生ともに8割近くが「自分にはよいところがあると思う」と回答している。強い認識も小学生・中学生ともに3割台後半。

↑ 自分にはよいところがあると思うか(学校種類別)(2021年度)
↑ 自分にはよいところがあると思うか(学校種類別)(2021年度)

小学生よりも中学生の方が、「自分にはよいところがあると思う」と考えている人が少ないのは、世の中のことをより広く詳しく知るに連れ、自分と比較し、否定につなげてしまうからだろうか。

自分にはよいところがある、自分を肯定できるとの意見を持つ人の割合(「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」を合わせた値)を経年推移で見ると、一部イレギュラーな動きがあるものの、おおよそではあるが少しずつ増加の動きを示している。ただしこの数年、小学生で減少の動きが出ているのは気になるところ。

↑ 自分にはよいところがあると思うか(「当てはまる」+「どちらかというと当てはまる」、学校種類別)
↑ 自分にはよいところがあると思うか(「当てはまる」+「どちらかというと当てはまる」、学校種類別)

特に中学生は2009年度から2021年度の間に14.8%ポイントも増えている。過度な肯定は問題となるかもしれないが、自分に自信を持つこと自体は悪いことではない。少なくとも自己肯定意識が低いということは無さそうだ。

■関連記事:

【大学受験、本番中に一番の心配事は?】

【際立つ日本の自虐感…日米中韓高校生の自分自身への認識の違い(2015年)】

※全国学力・学習状況調査

2021年5月27日、国公立および私立の小中学校に対し悉皆調査方式(標本調査ではなく全体を調べる)で行われたもので、実施学校数は小学校が1万9280校、中学校が1万0316校。教科調査(学力テスト)は国語と算数(数学)が実施されている。なお2020年度は新型コロナウイルス流行により調査実施そのものが見送られている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。