テレビや宿題、ゲーム、スマートフォンの利用…自宅に戻ってからも子供達にはやるべきこと、やりたいことがたくさんある。「寝る間を惜しんで」との言葉にもある通り、夜更かしをしてそれらの行為をする子供も増えているとの指摘もある。それでは実際に、今の子供達の就寝時刻はいつぐらいなのだろうか。学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」(※)の結果から確認する。

最初に示すのは小学生に普段の就寝時刻を尋ねたもの。設問用紙は公開されておらず報告書でも「普段夜は何時頃に寝ていますか」とあるのみで曜日の指定は無いが、「普段」との言い回しが使われていること、他の日常にかかわる設問では帰宅後の遊び時間について問われているので、実質的に平日の学校がある日を前提としているものと考えられる。

↑ 普段夜は何時頃に寝ているか(小学生)(2020年)
↑ 普段夜は何時頃に寝ているか(小学生)(2020年)

全体では午後9時以前に寝てしまうのは2割足らず。半数が午後9時台に就寝し、それ以降の夜更かしをしているのは3割強。男女別ではほとんど差は見られない。

学年別ではほぼ綺麗な形で低学年ほど早めに寝る傾向が見られる。小学1年生では午後9時までに寝てしまうのは3割を超えているが、小学6年生では1割にすら届かない。午後11時より後にならないと寝ないのは小学1年ではわずか3.5%だが小学6年生では10.0%にもおよぶ。

これらの回答を基に就寝時刻の平均値を算出したのが次のグラフ。もう少し詳しい属性区分をした上でのものとなる。

↑ 普段夜は何時頃に寝ているか(小学生、平均就寝時刻)(2020年)
↑ 普段夜は何時頃に寝ているか(小学生、平均就寝時刻)(2020年)

小学生全体では21時42分。男女別では1分の差で女子の方が遅く寝ているが実質的には誤差と見てよいだろう。単純な学年別では高学年ほど就寝時刻は遅く、小学1年生では21時19分なのに対し、小学6年生では22時06分となっている。

男女・学年別に見ると、男子は小学4年生~小学5年生にかけて急に就寝時刻が遅くなるが、女子は小学2年生と小学6年生の時に就寝時刻が遅くなる現象が生じている。

あくまでもこれらの時刻は平均値でしかない。子供の体質や環境などで適切な時刻は大きな違いを示す。また起床時刻も大きくかかわってくる。あくまでも現状における平均的なものとして見てほしいものである。

■関連記事:

【高校生、就寝時間はほぼゼロ時 睡眠時間は6時間半】

【都道府県別の平日就寝時刻(最新)】

※小学生の日常生活・学習に関する調査

直近分となる2020年分は2020年8月26日から31日にかけてインターネット経由で、小学生の子供がいる保護者を対象として保護者付き添いの下で小学生本人が回答するようにしたもので、有効回答数は1200人。男女別・学年別で均等割り当て。調査協力会社はクロス・マーケティング。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。