米国はアジア太平洋地域の平和と安定において日本にどこまで期待しているのか(2020年公開版)

↑ アジア太平洋地域の平和と安定のため米国が日本に求める姿勢は。(写真:アフロ)

中国の経済的発展と軍事的影響力の強化に連れ、アジア太平洋地域では今世紀に入ってから前世紀とは比べ物にならないほどに緊張が高まっている。情勢の変化に伴いアメリカ合衆国も憂慮の念を強めており、同地域の同盟国である日本への期待も並々ならぬものがある。今回は外務省が2020年3月に同省公式サイト内において発表した「米国における対日世論調査」(※)の結果から、その期待の一端を確認する。

まずは日本とアメリカ合衆国はアジア太平洋地域の平和と安定のために、緊密に協力すべきと思っているか否か。「安全」では無く「安定」であることに注意。つまり現状…厳密には昨今の騒乱的情勢が起きる以前の比較的安定した状況を継続させるため、日米が緊密に協力し、状況の改善を模索すべきか否か。これには直近年度では一般人で92%、有識者では100%の人が同意を示した。

↑ 日本とアメリカ合衆国はアジア太平洋地域の平和と安定のために緊密に協力すべきと考えるか(「はい」「いいえ」「分からない」のうち「はい」の回答率)
↑ 日本とアメリカ合衆国はアジア太平洋地域の平和と安定のために緊密に協力すべきと考えるか(「はい」「いいえ」「分からない」のうち「はい」の回答率)

今項目は2014年度から新設されたもので経年変化の動向は都合6年分のみ。昨今では緊張の度合いを増しているとの認識が強まり、新たに確認項目として付け加えられることとなったのだろう。いくぶん一般人の方が低めの値は出ているものの、双方とも9割以上の同意者で占められており、日本との緊密な協力体制を望んでいることが分かる。

それでは単なる協力姿勢だけでなく、これまで以上の施策などによる積極的な役割を、日本は果たすべきであるとアメリカ合衆国は考えているのだろうか。これについては単純な密接度の高い協力体制の確認と比べるとやや賛意者は減るものの、直近年度では一般人で69%、有識者で88%の人が同意を示す結果となった。

↑ 日本はアジア太平洋地域の平和と安定のためにより積極的な役割を果たしていくべきと考えるか(「はい」「いいえ」「分からない」のうち「はい」の回答者)
↑ 日本はアジア太平洋地域の平和と安定のためにより積極的な役割を果たしていくべきと考えるか(「はい」「いいえ」「分からない」のうち「はい」の回答者)

やはりこちらの項目でも有識者の方が同意率は高い。「より積極的な役割」が何を意味するのかは調査結果からはうかがい知ることはできないが、事態打開のための行動に関して、もっと前に出るべきだとの思惑であるとの認識で違いは無いだろう。

ただしそれが「現状ではひかえめだからもっと積極的に動いてもいいのだが」なのか、「アメリカ合衆国はこれ以上手出しできない(したくない、係わりたくない)ので、日本にもっと前に出てもらいアメリカ合衆国は後ろに下がるように」を意味するのか、今調査項目だけでは判断が難しい。また、そこまで深読みすることなく単純に、このままか積極姿勢かどちらかといえば後者の方が、程度の意味かもしれない。

なお2017年度では一般人の回答率が前年度比で17%ポイントも落ちている。内情としては「分からない」の回答率が8%から32%に急増している。また2017年度の調査では一般人でイレギュラー的な回答率の低下が複数の設問で確認されており、経年変化の動向精査には注意を要する状況となっている(対日本の設問だけでなく、他の国に対する回答でも同様の動きが生じている)。一般人の間で心境の急激な変化が生じたとの判断は早急に過ぎると見た方がよさそうだ。

ともあれアメリカ合衆国においては一般人も有識者も、アジア太平洋地域の平和と「安定」のため、日本との協力関係を維持強化しつつ、日本へは一層の積極姿勢を望んでいることは間違いなさそうではある。

■関連記事:

中国の積極的な拡張政策の実力行使に強い懸念を抱く周辺アジア諸国の実情

尖閣諸島の認知度は90.0%、しかし問題の中身は?(2019年公開版)

※米国における対日世論調査

直近分は外務省がハリス社に委託し、アメリカ合衆国内において電話により2019年11月に実施されたもので、有効回答数は一般人1015人(18歳以上)・有識者200人(政官財、学術、マスコミ、宗教、労働関係などで指導的立場にある人物)。過去の調査もほぼ同条件で実施されている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。