直近では3360館、漸増する図書館数…図書館や博物館数動向(2019年公開版)

↑ 図書館は知識の源であり憩いの場。数は増えているのか減っているのか。(写真:アフロ)

知識の源となる図書を保存し貸し出し業務を行う図書館。知的文化施設として欠かせない存在の一つだが、その数は増えているのか否か。その実情を文部科学省の定点調査「社会教育調査」(※)の公開資料から確認する。

最初に示すのは、日本における図書館、あるいはそれに類する施設の数。博物館、さらには博物館類似施設の動向も示しておく。最新値は2017年度分。

また博物館と博物館類似施設の違いだが、前者は博物館法第2条に規定する施設。博物館法に定められた各種要件を満たしている(開館日が年150日以上であることなど)のが条件となる。後者は博物館と同種の事業を行い、博物館法第29条に規定する、博物館と同等の施設。要は博物館ほどの厳格さでは区分に入らないが、博物館的な施設のことを指す。

↑ 図書館や博物館数推移
↑ 図書館や博物館数推移

2008年度をピークに博物館類似施設がいくぶん減る傾向にあるが、それ以外はおおよそ少しずつながらも増加する傾向を示している。図書館は直近では3360館。もっとも古い1955年度の742館と比べ、4倍以上もの増加を示している。

図書館数が増えれば当然利用者数も増加するはず。そこで全体の年間施設利用者数と、図書館1館あたりの平均利用者数を確認したのが次のグラフ。年間利用者数のカウントなので、特定時期における館数を示した最初のグラフとは1年ずれた値であることに注意。つまり直近のデータは、館数は2018年10月1日時点、利用者数は2017年度一年間分(2017年4月から2018年3月)の値を示している。

↑ 図書館(同種施設含む)の年間施設利用者数と1図書館あたりの平均利用者数
↑ 図書館(同種施設含む)の年間施設利用者数と1図書館あたりの平均利用者数

仮に図書館を利用する層に変化が無ければ、図書館数が増えても分散化するだけで、利用者は増えない。しかし図書館数の増加とともに利用者数も増加を続け、2017年度では1年間に延べ1.8億人近くの人が利用している計算になる。さらにいくぶんのイレギュラーな動きがあるが、図書館単位での利用者数も増加し、1954年度当時と比べて2017年度では5倍ほどの利用者増が確認できる。ただし2010年度をピークに、施設利用者数・1図書館あたりの平均利用者数ともに減少に転じているようにも見える。もう少し経過観測が必要な状況に違いない。

図書館数が増え、利用者全体数が増え、図書館単位での利用者数は少なくとも減少はしていない。雑誌や書籍などの出版業界の動向はまた別だが、少なくとも本離れ、読書離れといった状況は現実としては起きていないと判断できる状況に違いはあるまい。

■関連記事:

学校図書館の蔵書平均冊数や図書購入費をグラフ化してみる(最新)

子供の書籍離れなど無い…小中高校生の平均読書冊数などをグラフ化してみる(最新)

※社会教育調査

文部科学省がほぼ3年おきに実施している、「社会教育行政に必要な社会教育に関する基本的事項を明らかにすることを目的とする」調査。原則的に全数調査によるもの。調査開始は1955年。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。