100年以上にわたる郵便貯金の金利推移をさぐる

↑ 今はゆうちょ銀行の郵便局での預け入れ。金利の推移は。(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

・ゆうちょ銀行(郵便局)での通常貯金の金利は1915年当時は4.800%。太平洋戦争に至るに金利は落ち、戦後は上昇後にもみ合い、前世紀末に急落、今世紀に入ってからはほとんどゼロに近い状態が続く。

・定期預金の金利は1961年時点で5.000%。通常貯金同様に前世紀末に急落し、今世紀に入ってからはほとんどゼロに近い値。

金融機関にお金を預け入れれば金利に基づいた利子(利息)が発生し、出金時には元本以上のお金を手に入れることができる。昨今では金利はごくわずかで「金融機関に預けたお金には利子がつく」ということを知らない人もいるほど。今回はゆうちょ銀行(郵便局)における金利の推移から、昔と今における金利(年利回り、税引き前)の違いの実情を確認する。

まず最初に示すのは、郵便貯金(分割民営化後はゆうちょ銀行の貯金)における、通常貯金(普通貯金)の金利推移。1年で複数回金利が変更した年もあるので、その場合は年末時点の値を適用している。

↑ 郵便貯金(ゆうちょ銀行の貯金)の通常貯金の金利(毎年年末の値)
↑ 郵便貯金(ゆうちょ銀行の貯金)の通常貯金の金利(毎年年末の値)

取得可能な最古の値は1915年の4.800%。これが1929年まで続く。100万円を1年間預け入れれば、104万8000円になる。金利がそのまま維持されれば、10年間で160万円近くに。

その後太平洋戦争に至るに金利は落ち、戦後は上昇したあとはもみ合い。戦後においてもっとも高金利だったのは1974年の4.320%。それ以降は何度か起伏を示しながらも金利は下落し、前世紀末には急落。今世紀に入ってからは少々の盛り上がりがあるも、大よそ地をはうような状態。直近では0.001%。100万円を10年預け入れをしても100万100円にしかならない。

続いて定期貯金。あらかじめ預け入れ期間を指定して預ける貯金で、通常貯金と比べると高い金利が設定されている。現在のゆうちょ銀行では1か月、3か月、6か月、1年、2年、3年、4年、5年のいずれかの期間を指定できるが、過去においては色々と用意されている商品の条件が異なるため、できるだけ条件の似通ったものを時系列データとして連ねている。

↑ 郵便貯金(ゆうちょ銀行の貯金)の定期貯金の金利(毎年年末の値、1992年までは1年満期、1993年~1995年は1000万円未満・3年満期、1996年以降は3年満期)
↑ 郵便貯金(ゆうちょ銀行の貯金)の定期貯金の金利(毎年年末の値、1992年までは1年満期、1993年~1995年は1000万円未満・3年満期、1996年以降は3年満期)

最古の1961年時点では5.000%。その後金利は上昇し、1974年は最高値となる7.500%をつける。それ以降は何度か上下を繰り返しながら、通常貯金同様に前世紀末に急落。今世紀に入ってからはほぼゼロに等しい値。直近の2018年時点では0.010%で、通常貯金の10倍ではあるが、微々たる金利には違いない。仮に同条件で10年間預けたとしても、100万1000円。

金利が非常に低い、ゼロに近い状態が続いているため、預貯金をした時の利子が微々たるもので、貯蓄における複利効果がほとんど生じない事態となっている。金融機関は利子を期待する場では無く、安全のため、あるいはクレジットカードや公共料金の引き落とし手続きのためのお金を預け入れる場所となっているのが実情。金利が高いことが魅力であると自称する数々の金融商品も、事実上存在意義の無いのが実情(流動性が通常貯金よりも低いため、むしろ低価値ですらある)。

貯蓄という言葉の概念が大きく変化し、将来に備えるために有利な口座へ預け入れる必要が無くなっている。貯蓄用口座と通常の金銭のやり取りに用いる口座が同一のものとなるのも、この低金利状態では致し方あるまい。

■関連記事:

給与所得者の数や所得税額の実情をさぐる

基本は現金とクレジットカード…二人以上世帯の代金支払い方法の移り変わりをさぐる

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。