・平均寿命が長い国の中でも、日本の高齢者比率は群を抜いて高く26.0%。続くイタリアでも22.4%。

・人口構成比における子供の比率も日本は一段と低く、13.0%。次いで低いのはイタリアの13.7%、韓国の13.9%。

・合計特殊出生率も日本は低め。平均寿命上位国の平均1.70に対し1.41。

日本が抱える社会問題の要因の多くとして挙げられる、人口構成比で高齢者比率が高い問題(高齢社会化問題)。医療技術の進歩や公衆衛生の健全化、治安の安定などにより平均寿命が延び、高齢者が増えた結果によるものだが、他の国ではどのような状況なのだろうか。平均寿命上位国における人口構成比の実情を確認してみることにする。

まず平均寿命上位国の確認。これはWHO(世界保健機構)が公開しているデータベースGlobal Health Observatory (GHO) dataから、必要な値を抽出して精査する。現時点では2015年分の値が最新値となっている。

それによると平均寿命が一番長いのは日本で83.68歳。次いでスイスの83.36歳、シンガポールの83.11歳と続く。上位20か国はすべて80歳を超えている。

↑ 国別平均寿命(歳、2015年、上位国、WHO公開値より)
↑ 国別平均寿命(歳、2015年、上位国、WHO公開値より)

続いてこれらの国の年齢階層別人口構成比を確認する。これは国連のデータベースWorld Population Prospectsの公開値を用いる。2017年版が最新だが、内部の実測データは2015年の値が最新値となっている。なお人口の仕切り分けは基データに従い「15歳未満(子供)」「15~64歳(成人、生産者)」「65歳以上(高齢者)」としてある。また国の並びは平均寿命のままとしている。

↑ 国別平均寿命上位国における年齢・3区分別人口割合(2015年、WHO・国連公開値より)
↑ 国別平均寿命上位国における年齢・3区分別人口割合(2015年、WHO・国連公開値より)

65歳以上の人口比率が高いほど、高齢者による社会全体の負担が大きくなるわけだが、日本が群を抜いて高いことが改めて確認できる。平均寿命が高いのだから当然だが、平均寿命が同レベルで高い他の国と比べても突出している。65歳以上人口比率が2割を超えているのは、日本以外ではイタリアのみ。

他方、今後の人口構成比の動向を考察する上では注目すべき15歳未満人口比率だが、こちらも日本が一番低い値となっている。平均寿命が高い国の中でも日本はずば抜けて高齢者による社会全体の負担が大きく、同時に今後の社会を支える担い手となる成人へと成長していく子供の比率が低く、現在も今後も社会の負担に関する展望が厳しいことを示唆している。

子供の比率で目に留まるのはイスラエル。同国は高齢者比率も低く、平均寿命上位国の中では人口構成比のバランスで、比較的健全な状態を示している。これはひとえに同国における戦時国家という特殊性によるところが大きい。無論、平均寿命はゼロ歳児の平均余命であることから、同国が国としてまだ若く、かつ公衆衛生や医療保険の制度が整っているとの見方もできるのだが。

子供の比率の大小に関しては、合計特殊出生率(一人の女性が一生のうちに出産する子供の平均数。人口維持のための合計特殊出生率は論理上は2だが、実際には2以上を示すこととなる。日本の場合は2.07から2.08)の動向を見ても納得の行く結果が出ている。

↑ 国別平均寿命上位国における合計特殊出生率(2015年、WHO・国連公開値より)
↑ 国別平均寿命上位国における合計特殊出生率(2015年、WHO・国連公開値より)

戦時国家イスラエルにおいてはまさに富国強兵、産めよ増やせよが体現化されており、それが数字となって現れている。その上で平均寿命が世界で上位にあるのは、ある意味驚異的ではある。

他方日本の合計特殊出生率は1.41。平均寿命上位20か国の平均値を算出すると1.70となるので、低い方に該当する。

寿命は長い方がよいのは当然の話。公衆衛生や医療保険の制度が整い、国が安定している証でもある。他方、社会構造がゆがみを生じる、社会全体に問題を引き起こす、健全な方向への歩みの足を引っ張る状態となる人口構成比は、果たして最適解といえるのか否か。今回の各種値は社会保障の不公平感なども併せ、日本の特異な現状を改めて認識させられる実情には違いない。

■関連記事:

中堅・シニア層にズバリ聞く「あなたは何歳まで生きたいか」

2050年の日本人口推計は9515万人・首都圏や中部圏に集中化へ…地域別人口推計をグラフ化してみる

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。