全米プロゴルフ選手権3日目に79を喫し、最下位に転落したタイガー・ウッズが最終日を戦わずして棄権を表明した。

 昨年2月の交通事故で右足に重傷を負ったウッズは、今年4月のマスターズで戦線復帰し、今大会は復帰2戦目となった。

 戦いの舞台サザンヒルズ(米オクラホマ州タルサ)は、ウッズが2007年全米プロを制した思い出の場所だが、アップダウンに富んでいるため、回復途上の右足を抱えるウッズにとっては、歩いて回るのが厳しいコースと見られていた。

 初日は4オーバー、74で99位タイと出遅れながらも、2日目は1アンダー、69と巻き返し、53位タイで予選を通過。

 しかし、風雨に見舞われ、気温も低下した3日目は、一層厳しいコンディションの下、ウォーミングアップする以前から右足の痛みを訴えていたウッズのゴルフは大きく乱れていった。

 2番でボギーが先行すると、パー3の6番ではティショットを池に落としてトリプルボギー。7番でもボギーを叩くと、9番からは5連続ボギーと大きく崩れ、15番のバーディーのおかげで「80」こそ回避できたが、9オーバーのラウンドで通算12オーバー、76位タイの最下位で3日目を終えた。

 この日のウッズは池につかまること2回。フェアウエイを捉えたのは、わずか6回。レギュレーションでグリーンを捉えた(パーオンした)のも、わずか6回に留まり、同組で回ったショーン・ノリス(南ア)が「あんなプレーを披露することになってしまったタイガーの18ホールを傍で眺めるのは辛かった」と険しい表情で語ったほどだった。

 ウッズ自身は「(右足は)痛い。これから(治療やマッサージなどを)試みて様子を見る」と米メディアに語り、ドクター判断も含めて、最終日をプレーするかどうかを決めることを示唆していたが、ホールアウトから6時間後、棄権を表明した。

 ウッズ関係者からの情報を得た米メディアによれば、右足の状態は「かなり悪化している」とのこと。

 開幕前、サザンヒルズにやってきた際のウッズは「右足はマスターズのころより、ずっと回復して強くなっている」と嬉しそうに語っていたが、蓋を開けてみれば、むしろ悪化を招く結果になった。

 6月の全米オープンにはエントリー済みで、今年が大会150周年を迎える7月の全英オープンには「是非とも出場したい」とかねてから話しているが、全米プロ4日間を戦えなかった今、今後のメジャー大会出場可否が心配されている。