マスターズ3日目、2位に4打差の単独首位に立つまでに松山英樹が見事に使い分けたもの

(写真:ロイター/アフロ)

 ついに松山英樹がトップに立った。

 マスターズ3日目、7アンダー、65をマークした松山は、2位に4打差を付け、通算11アンダーで単独首位。明日の最終日を最終組で回り、マスターズ初優勝とメジャー初優勝を目指す。

 3日目の松山のゴルフは、まさに快進撃だった。1イーグル、5バーディーでスコアを7つ伸ばし、そして今週のオーガスタ・ナショナルでは初のノーボギー・ラウンドを披露した。ミスを抑えてスコアを伸ばすという意味では、パーフェクトなゴルフだった。

 だが、彼とて人間だ。もちろんミスはおかす。そして、すべてが完璧なゴルフなどありえないはずで、この3日目も、この3日間も、松山は幾度か小さなミスをおかした。小さなピンチもあったが、今週、幸運の女神はずっと彼に味方している。

 初日は13番のセカンドショットをクリークに落としかけたが、ボールは水中ではなく地上にとどまるラックに恵まれた。2日目は13番でチップイン・イーグルを得るラックに恵まれた。

 そして3日目、松山が得た最大のラックは11番でティショットを大きく右に曲げるミスをおかした直後に悪天候によるサスペンデッド(一時中断)を迎えたことだった。

「悪いショットの後、中断して、(再開後は)グッドショットが続いて良かった」

 松山は気持ちを切り替え、立て直す時間を天から授かった。そして、中断後に迎えた難関のアーメンコーナーは、降雨でソフトになったグリーンを擁しており、それもまた松山にとってはラッキーだった。

「後半はグリーンのスピードが落ちたので、13番の3パットの後からは、いい感じで打つことができた」

 その13番はパー5。11番と12番で連続バーディーを奪い、首位を走っていたジャスティン・ローズをついに捉えた松山は、その勢いのままアクセルを踏み込み、アグレッシブなティショットを放った。そして、右のセミラフからの第2打で見事にグリーンを捉えた。しかし、3パットを喫し、イーグルもバーディーも取れずにパーに甘んじた。

 それが、先走りそうになっていた松山の気持ちを適度に制御するブレーキになった。だからこそ、あの3パットを契機に、彼のゴルフはいい流れに入っていったのだろう。

 次なる14番はティショットを大きく左に曲げ、2打目はフックがかからず、グリーン右へ。しかし、見事な寄せワンでパーを拾い、ミスの連続に自らブレーキをかけた。

 そこから先はイーグル、バーディー、バーディー。先走りそうな気持ちにはブレーキをかけたが、いい流れにはアクセルを踏み続け、18番では再びミスの連続にブレーキをかけ、見事なパーセーブでこの日のラウンドを締め括った。

 どこでブレーキングし、どこでアクセレーションしたのか。どこでどんなラックを得て、それをどう生かしたのか。安定したショットとパット、引き寄せた運、作り出した勢い。

 張り詰めた雰囲気の中で戦いながら、そうした経緯のすべてを正確に感じ取り、分析する冷静さが、この日の松山には、いやいや、この3日間の松山には、確かにあった。

「この3日間、あんまり波を立てることなく、あんまり怒らずにできた。明日は、そういうことが大事になるので、それができれば、、、」

 そう、それができずに勝利を逃した経験が松山にはある。それができずに流した涙のビターな味を松山は知っている。2015年マスターズ、2017年全米プロ。もはや同じ轍を踏みはしない。

「トップで(メジャーの)最終日を迎えるのは初めてなので、どうなるかわからないけど、できる準備をして明日を迎えたい」

 2位との差は4打ある。4打差は大きい。だが、ともすれば瞬く間に失われる4打でもある。その怖ささえ、百戦錬磨の松山は、すでに知っている。

 大きいけど小さい4打の差。カギになるのはメンタル面。サンデーアフタヌーンこそは、心にブレーキをかけつつ、ゴルフの流れは止めず、攻めて、沈めていってほしい。

「それができれば、チャンスあるんじゃないかな」

 そう、それができれば、グリーンジャケットを羽織る栄光の瞬間は、松山英樹のものになる。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米後、米ツアー選手と直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を発信している。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。2019年から米国から日本に拠点を移す。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。ラジオ番組「舩越園子のゴルフコラム」四国放送(月〜金、12時55分から13時)、静岡放送(日曜、朝7時30分から7時45分)、山梨放送(月〜金17時25分から17時30分)で放送。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    “投手メイン”という大前提が崩れ始めている大谷翔平起用法とジョー・マドン監督との微妙なズレ菊地慶剛5/14(金) 13:20
  2. 2
    6回終了時に棄権し敗者となった元WBCライト級王者林壮一5/14(金) 0:01
  3. 3
    「プライドは捨てました」黄金世代の苦労人・元日本代表MF橋本英郎の今元川悦子5/14(金) 8:00
  4. 4
    エディー・ジョーンズが控えを指導のサントリー。中村亮土主将は決戦「楽しみ」。【ラグビー旬な一問一答】向風見也5/14(金) 6:00
  5. 5
    今季のJリーグの隠しテーマ。川崎と横浜FM、どちらの攻撃的サッカーが本物か杉山茂樹5/14(金) 10:30
  6. 6
    アメフトに挑戦する石川雄洋が、横浜高&ベイスターズ後輩の筒香に激励メッセージを送る三尾圭5/14(金) 7:25
  7. 7
    涌井秀章が迫る通算2500イニングはかなりの偉業。デビューが1990年以降の達成者は3人だけ宇根夏樹5/14(金) 8:01
  8. 8
    なぜレアルはジダンの続投を”決定”しないのか?マルセロとの「確執」にC・ロナウドが抜けて失われた調和森田泰史5/14(金) 7:30
  9. 9
    “スイーツ親方”元横綱・大乃国の芝田山親方が語る、照ノ富士とほかの3大関の違い飯塚さき5/14(金) 7:00
  10. 10
    アレックス・マエストリ投手引退。「日本球界初のイタリア人選手」のキャリアを振り返る。阿佐智5/14(金) 8:10