日本のゴルフ界に求められる変化、感じられた確かな手ごたえ

25年間のアメリカ取材で感じたこと思うことを語らせていただいた(写真/舩越園子)

実を言うと、私はジャーナリストでありながら、これまで活動拠点が25年間も米国ばかりだったため、日比谷にある日本プレスセンターに行ったことがなかった。行く用事も機会もなかった。だが、本日、初めて、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2019年10月サンプル記事

舩越園子

価格

550(記事11本)

2019年10月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    落合博満が惚れ込んだスラッガー・笹川晃平はプロの扉を開けるか 横尾弘一1/25(土) 0:30
  2. 2
    2階級制覇王者の復帰ロード、数時間後にゴング 林壮一1/26(日) 0:01
  3. 3
    シーズン本塁打のストリーク。バレンティンは4年連続30本以上、坂本勇人は11年連続二桁を継続中 宇根夏樹1/26(日) 0:01
  4. 4
    「ジーター満票ならず」は騒ぎ立てる必要なし、「イチロー満票」は無理だと思うし拘る必要もない 豊浦彰太郎1/25(土) 19:01
  5. 5
    ダンロップの新作「ロードスマートIV」が登場 よりスポーティに操る楽しさが増した! 佐川健太郎1/26(日) 9:00
  6. 6
    適切なタイミングは東京五輪後。最大の懸念は森保監督の手腕を評価する立場にある技術委員会の問題 中山淳1/24(金) 11:30
  7. 7
    ホンダ「ダカールラリー」執念の勝利に見る『フォードvsフェラーリ』の構図とは!? 佐川健太郎1/25(土) 17:00
  8. 8
    テーブス海の決断。「NCAAディビジョン1内の転校ではなく、なぜB1を選んだのか?」 青木崇1/25(土) 7:44
  9. 9
    大人気ボクシング漫画 はじめの一歩 個性豊かなキャラクターの誕生秘話 木村悠1/25(土) 7:00
  10. 10
    センバツ出場32校が決定。でも「全国制覇を目ざす」は間違い? 楊順行1/25(土) 7:42