カートに乗れない全英オープンを欠場するJ・デーリー、同週開催の米ツアー大会に乗用カートでプレー!?

デーリーのカート使用は全米プロOK、全英オープンNG、米PGAツアーはOK!?(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 全英オープンで乗用カート使用を求めたものの、却下され、カートに乗れなくなったジョン・デーリー。全英オープン欠場を表明。だが、その直後、今度は全英オープンと同週開催の米ツアー大会出場を表明。その米ツアーでは乗用カート使用が許可されるという。

 デーリーの乗用カート使用を認めるべきかどうか。世界のゴルフを率いる団体間で、その可否や姿勢、対応に違いが出ていることで、欧米ゴルフ界が揺れ始めている。

【米PGAツアーでは全試合OK!?】

 右膝に変形膝関節症を発症し、「歩くだけでも、かなり痛い」というデーリー。今年5月の全米プロでは大会を主催するPGAオブ・アメリカから許可され、乗用カートを使用してプレーすることができた。

 しかし、今月18日から始まる全英オープンでは、主催者のR&Aから申請を却下され、落胆したデーリーは、それでも「痛みに耐えながらプレーできることを祈るばかりだ」と、歩いてプレーする意志を示した。

 だが、その直後、家族旅行中だった英国で「クモに刺され、病院に救急搬送された」とツイッターで発信。それを理由に全英オープン欠場を表明した。

 そして、そのまた直後、今度は全英オープンと同週に米国ケンタッキー州で開催される米PGAツアー大会のバーバソル選手権に出場する意志を示した。

 そこまでなら、出場日程を決めるのは「ご自由に!」という話だが、関係者が驚いたのは、そのバーバソル選手権ではデーリーの乗用カート使用が許可されるという点だ。

 米PGAツアーが今季の米ツアー大会とチャンピオンズツアーの大会においてデーリーの乗用カート使用を許可することを昨年のうちに本人に伝えていたことが、米メディアによって報じられた。

【異なる判断、異なる対応】

 世界のゴルフを率いる団体間で、デーリーの乗用カート使用の可否を巡る判断が分かれたことになる。

 もう一度、整理すると、PGAオブ・アメリカは今年の全米プロにおけるデーリーの乗用カート使用を許可、そして米PGAツアーとシニアのチャンピオンズツアーは今季の全大会でカート使用を許可していることがわかった。

 一方、全英オープンを主催するR&Aはカート使用の申請を却下した。

 デーリーが今年の全米オープンの出場資格を有していなかったため、USGA(全米ゴルフ協会)は今年はデーリーへの対応検討の対象外になっている。だが、昨年の全米シニアオープンの際は、USGAはデーリーからのカート使用申請を却下し、デーリーは同大会を棄権した。

 今のところ、世界のゴルフルールを司るR&AとUSGAは、デーリーの乗用カート使用を認めない姿勢を見せていると言えそうだが、そのUSGAは、過去には先天性の足の故障を抱えていたケーシー・マーチンの乗用カート使用を1998年と2012年の全米オープンで許可した

 そして、米PGAツアーは1997年にマーチンから訴訟を起こされ、2001年に敗訴している。そんな過去の経緯も踏まえての判断だったのかどうか、そのあたりの詳細は米ツアー側から明かされてはいないが、ともあれ、デーリーは今季の米ツアーとチャンピオンズツアーの全大会でカートに乗ることが許されている。

 これだけ判断や対応が分かれると、乗用カート使用の可否の基準は一体何なのだろかと首を傾げてしまう。

 ゴルファーに故障は付きものであり、「乗用カートが使えるならプレーできる」という状況は、他選手にも起こってきたし、今後も起こりうる。そのたびに大会やツアーによって違いが出るのでは「アンフェアだ」の声が上がり、混乱を招くばかりだ。

 乗用カート使用の可否の問題は、もはや「お騒がせデーリー」だけの話に留まらず、世界のゴルフ界で再び慎重に討議・検討されるべき問題となりつつある。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    ホークス柳田まさかの珍プレー「ボールが星に見えた」 田尻耕太郎8/16(金) 21:15
  2. 2
    50本以上のホームランを打ちながら「本塁打王」になれなかった選手たち。MLBは9人、日本プロ野球は… 宇根夏樹8/17(土) 16:33
  3. 3
    プレーオフ第2戦こそが正念場。タイガー・ウッズ、松山英樹の可能性はいかに? 舩越園子8/17(土) 16:22
  4. 4
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  5. 5
    新生アトレティコと、ジョアン・フェリックスの存在感。シメオネの3トップへの挑戦。 森田泰史8/17(土) 6:12
  6. 6
    【新体操】世界選手権目前! W杯ミンスク大会、皆川8位、大岩10位、団体2位と好発進! 椎名桂子8/17(土) 13:46
  7. 7
    【男子新体操】これはエンターテインメントだ! ある意味、カジツ化した?名取高校の団体演技に注目! 椎名桂子8/16(金) 13:41
  8. 8
    ATPマスターズ1000でベスト8躍進の西岡良仁 その源泉は、経験則と“考える力”にあり 内田暁8/17(土) 2:13
  9. 9
    たどり着いたスペインで香川真司が描く未来。 豊福晋8/16(金) 20:30
  10. 10
    「箕島-星稜」から40年 星稜が智弁和歌山と3回戦で激突!   森本栄浩8/14(水) 16:30