全米プロではOKだったが、全英オープンでは乗用カートに乗れなくなったジョン・デーリーに求められること

成績が低迷しても、高い人気を誇るデーリーだからこそ、頑張ってほしい(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 今年5月の全米プロで乗用カートを使用してプレーすることが許可され、注目を集めたジョン・デーリー。だが、来たる全英オープンを主催するR&Aは、デーリーの乗用カート使用の申請を正式に却下した。「痛みに耐えながらプレーできることを祈るばかりだ」と、デーリーは落胆しきりでコメントを出した。

【歩くことは、戦いの一部】

 1991年の全米プロを制し、1995年には全英オープンも制したメジャー2勝のロングヒッター、デーリーは現在53歳。日ごろはシニアの米チャンピオンズツアーに出場しているが、ここ数年は右膝の変形膝関節症に悩まされ、「歩くだけでも、かなり痛い」。

 昨夏は全米シニアオープンで「乗用カートを使わせてくれ」とUSGAに申請したが、USGAは却下した。

 だが、今年の全米プロではPGAオブ・アメリカがデーリーの乗用カート使用を許可。デーリーはカートに乗って颯爽と現れたが、75-76を叩き、あえなく予選落ちした。

 以後は、「何を基準にして選手の乗用カート使用を認めるべきか」が、ゴルフをはじめとする関係各団体の間で物議を醸してきた。

 そんな状況下、全英オープンを主催するR&Aはデーリーの申請を時間をかけて検討していたが、6日に正式に却下した。

「ジョン・デーリーが直面している(膝の)長年の問題と現状に心からお見舞い申し上げるが、慎重に検討した結果、彼の申請を却下する」(R&A)

 その理由は、いくつかあったが、最大の理由は「歩くことは全英オープンという戦いに不可欠な部分だから」。そして、「すべての選手はそれぞれのチャレンジ(挑む事柄)に直面していること」「大会の舞台となるロイヤル・ポートラッシュは険しい傾斜が多く、カート使用に不適切な地形であること」も却下を決めた理由だった。

【デーリー自身の姿勢も重要】

 プロゴルフの大会における乗用カート使用を最初に求めたケーシー・マーチンの一連の出来事を記憶している方は多いのではないだろうか。

 米国人選手のマーチンは、自身の乗用カート使用を認めなかった米PGAツアーを相手取り、1997年に訴訟を起こし、2001年にアメリカ最高裁判所で勝訴した。

 その間、USGAは1998年全米オープンでマーチンのカート使用を許可した。そして2012年全米オープンでは、米PGAツアーの敗訴後だったこともあり、USGAは再びマーチンのカート使用を許可した。

 しかし、そのUSGAが昨年のデーリーの全米シニアでの申請を却下。結局、デーリーは大会を棄権した。その際、周囲からは「マーチンの膝の痛みは先天性の障害によるものだが、デーリーの場合は後天性。その違いが許可か却下の違いを生んだのではないか」という声が上がっていた。

 そして今回、デーリーの申請を却下したR&Aは「先天性か、後天性か」には触れず、前述のように「歩くことはゴルフの一部であること」「誰もがチャレンジに直面していること」「コースの地形上、乗用カートは危険」を理由に挙げ、それらはどれも「なるほど」と頷けるものだったと言っていい。

 デーリー自身は、がっくり肩を落とし、落胆のツイートを発信していた。

「R&AはPGAオブ・アメリカと同じ見方をしてくれない。それが残念でならない。国が違えば、決まりも違うってことか?、、、、(中略)、、、、、痛みに耐えながらプレーできることを祈るばかりだ」

 デーリーは全英オープン覇者の資格で60歳までは出場できる。その「特典」をフル活用するためにも、彼の膝の痛みが少しでも緩和されることを祈っているが、同時に、デーリー自身がゴルフの調子を上げるため、事態を少しでも改善するための努力を行なう必要もあるだろう。

 過去の優勝者の資格で出続けている全米プロでも全英オープンでも、デーリーは2012年以後、すべて予選落ちを喫している。ひたすらカート使用を求めるだけでなく、膝の改善のため、ゴルフの復調のため、デーリー自身がどこまで前向きに真摯に取り組んでいるのか。その姿勢や努力が周囲に伝わってくれば、朗報や吉報が舞い込むチャンスは増えていくのではないだろうか。

 そう祈りつつ、デーリーの全英オープン挑戦を眺めようと思う。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    東京五輪にまだ間に合う!”森保ジャパン”未招集のスーパータレント 河治良幸1/18(土) 10:19
  2. 2
    WBA&IBFスーパーウエルター級タイトルマッチ、間もなくゴング 林壮一1/18(土) 0:01
  3. 3
    久保建英とウーデゴール…レアル・マドリー復帰が噂される2選手を徹底比較。 森田泰史1/18(土) 11:13
  4. 4
    どのチームに春の吉報が届くか?  24日にセンバツ選考会 森本栄浩1/17(金) 22:50
  5. 5
    優勝盾はタスマン海を越えるか。ニュージーランド初のプロ球団、オークランド・トゥアタラの快進撃 阿佐智1/18(土) 7:30
  6. 6
    U-23日本代表の惨敗がA代表に及ぼす影響とは 深刻な事態に直面した森保体制の今後 元川悦子1/17(金) 10:00
  7. 7
    グレーゾーンに明確な境界線。野球の醍醐味を損うハイテク時代のサイン盗みの功罪を考える。 一村順子1/18(土) 7:27
  8. 8
    トヨタ・ヤリスWRCを社長が自らドライブし、観衆が大興奮!トヨタが切り拓く新しい道。 辻野ヒロシ1/17(金) 16:40
  9. 9
    必見! パリ・サンジェルマンが脅威の「ファンタスティック4」を生かすトゥヘルの新戦術で独走態勢 中山淳1/17(金) 11:30
  10. 10
    カープV戦士から韓国で悲劇のエースに 故・福士元投手を描いた映像作品を美大生が公開 室井昌也1/17(金) 11:28