全米オープン2日目、32位タイへ後退したタイガー・ウッズが「まだチャンスはある」と言い切る根拠とは?

11番が唯一のバーディー。唯一、いい位置からチャンスをモノにしたホールだった(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 全米オープン初日に28位タイとやや出遅れたものの、2日目の巻き返しが期待されていたタイガー・ウッズ。

 しかし、前日より格段にグリーンが固くなり、多くの選手が苦戦を強いられたこの日、ウッズは1オーバー、72とスコアを落とし、通算イーブンパーで32位タイへ後退。通算9アンダーで単独首位に浮上したゲーリー・ウッドランドとは9打差で決勝2日間に臨むことになった。

【熱くなっている】

「今はまだ、ちょっと熱くなっている。クールダウンする時間が必要だ」

 プレー直後のウッズは、この日の自身のゴルフに腹を立てていた。10番からスタートしたウッズは11番で早々にバーディーを奪ったが、期せずしてそれは、この日のウッズの唯一のバーディーになり、上がり2ホールは連続ボギーという悔しい締め括りになった。

  バーディーチャンスに付けられなかったわけではない。フェアウエイキープは初日の10回から2日目は11回へ増え、パーオンも9回から13回へ増えた。データが示すウッズのショットは、むしろ初日よりわずかに向上していたが、逆にパット数は25パットから32パットへと悪化。この数字が彼のスコアと順位を悪化させた。

 読みやストロークの問題ではないとウッズは感じている様子だ。

「いい終わり方ではなかった。チャンスはいくつかあったし、ミスも数回あった。カップの上にばかり付けてしまい、難しいラインを残してしまった」

 バーディーチャンスを逃し続けた最大の原因は、乗せた場所、付けた位置が悪かったこと。つまりはウエッジショットが狙い通りに打てていなかったこと。いい位置に付け、上りのラインをきっちり沈めることができたのは11番のみだとウッズは振り返った。

 最終ホールの9番は、せっかく寄せワンのチャンスまで持っていきながら2メートル半のパーパットを外した残念なフィニッシュになり、「熱くなっている」と自身に腹を立てていた。

【まだ戦える位置】

 ペブルビーチで開催された2000年の全米オープンを2位に15打差で圧勝したウッズ、今年のマスターズを見事に制したウッズには、今週、メジャー16勝目が期待されているが、首位と9打差で迎える決勝2日間に、果たしてその可能性はあるのか、ないのか。

「まだ戦える位置にいる」

 そう即答したウッズが「勝負はこれから」と考える根拠は、もちろんある。初日と2日目でグリーンの状態が変わったように、ペブルビーチのグリーンは刻々と変化していく。32位タイから挑む3日目、ウッズは早めのスタートになる。一方、スタート時間が遅い上位選手たちは、すっかり変化したグリーン上での戦いを強いられる。

「午前から午後にかけて、どのぐらいグリーンがドライになるかがカギだ」

 開幕前からペブルビーチは「出だしの7ホールがチャンスだ」と考えているウッズは、早い時間にティオフし、フロント9でスコアを伸ばすつもりでいる。

 決勝2日間、グリーン上の「いい位置。正しい位置」、つまりはカップ下方に付けることができれば、開幕前からパット専門コーチのマット・キーレンと積んだ特訓の成果の見せ所になる。

「まだ先は長い」

「まだ戦える位置にいる」

 ネバーギブアップのウッズの大挽回をウィークエンドに是非とも見たい。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額540円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    渋野日向子への過熱報道でマネジメント会社が帰郷時の取材自粛を各メディアに通達。その背景とは 金明昱8/19(月) 12:21
  2. 2
    甲子園4強決まる!  どこが勝っても初優勝! 森本栄浩8/19(月) 1:07
  3. 3
    【直撃取材】女子ゴルフ界のレジェンドである朴セリは今、どこで何をしているのか 慎武宏8/19(月) 7:10
  4. 4
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  5. 5
    渋野日向子フィーバーから考えるハイタッチのリスク。人気絶頂時のイ・ボミの場合はどうだったのか 金明昱8/15(木) 7:00
  6. 6
    広島の逆転V4はあるか。計8試合を残す「アウェーの中日戦」と「ホームのヤクルト戦」は勝率.350未満 宇根夏樹8/19(月) 15:55
  7. 7
    BリーグがU15から始めようとしている 日本バスケの育成改革 大島和人8/19(月) 18:30
  8. 8
    【新体操】喜田姉妹を擁するエンジェルRGカガワ日中が完全優勝!~第28回全日本クラブ選手権 椎名桂子8/19(月) 11:26
  9. 9
    ブレーブスの若き主砲が犯した怠慢プレーに指揮官はどう対処したのか? 菊地慶剛8/19(月) 12:05
  10. 10
    <ガンバ大阪>前節に続き、ジュビロ磐田戦はアディショナルタイムに追いつかれてドロー。 高村美砂8/18(日) 22:39