2日間で100万円超!? 高騰するマスターズのチケットとタイガー・ウッズ効果

予定を早めて日曜日にオーガスタ入りしたウッズ。月曜日にはバック9を回った(写真:ロイター/アフロ)

 いよいよ、マスターズ・ウィークを迎え、米ゴルフ界、いやいや世界のゴルフ界の視線がオーガスタ・ナショナルに向けられている。そんな中、米国の全国紙「USAトゥデイ」が、マスターズの歴史を物語る面白い秘話を紹介していた。それは、オーガスタの地元に住む94歳の男性の「証言」に基づいて紐解いたマスターズの知られざる歩みだった。

 その昔、まだタイガー・ウッズどころか、ジャック・ニクラスもアーノルド・パーマーも出場していなかったいにしえの時代、マスターズは観戦チケットを地元のホテルや銀行などに「売りさばいてくれ」と頼み込み、なんとかして大会の存在を広めよう、チケットの売り上げと収入をアップさせようと必死だったそうだ。

 94歳の男性は、そんなある日、銀行へ出かけ、融資の相談をしていたら、銀行マンがおもむろにマスターズのチケットを取り出した。

「このチケットを50枚、買ってくれと言われた。そうやって銀行マンからプレッシャーをかけられたことを、私は今でもよく覚えています。そう、あのころは、まだマスターズそのものを“売る”ことに、みんなが必死だった」

 「ゴルフの祭典」と呼ばれるマスターズにも、そんな「売れない時代」が実はあった。だが、やがてサム・スニードやベン・ホーガンらが登場し、そしてアーノルド・パーマーが活躍し始めた1950年代終盤になると、「もう、チケットを必死に売りさばく必要はなくなった」。

【ウッズ出現とチケット高騰】

 私が渡米した1990年代の序盤ごろ、マスターズの練習日のチケットは、オーガスタの入り口の横の券売機で売られていた。

 私はまるで駅で電車の切符を買うように、練習日のチケットをその場で買い、ギャラリーとしてオーガスタに初めて足を踏み入れたのが94年大会だった。

 翌95年、タイガー・ウッズがアマチュアとしてマスターズに初出場。私はそのとき初めてメディアとしてマスターズを初取材した。

 96年にプロ転向したウッズが、2位に12打差を付けて圧勝したのは翌97年大会。以後、ウッズの活躍と相まってマスターズのチケットは高騰の一途を辿り、やがてチケットは事前にオンライン申請して抽選に応募し、当選者だけが購入できる現行システムへと変わっていった。

 前年のマスターズの時期にオンライン申請し、抽選は7月ごろ。Eメールで通知された当選者のみ、練習日は75ドル、試合の日は115ドルでチケットを購入できるのだが、抽選に当たる確率は「きわめて低い」というのが、もっぱらの噂である。

 抽選で当たっても実際にはオーガスタへ行かず、チケットを2次的、3次的に売る人々もいる。本来、チケットを有しているパトロンの中にも、それらを手放し、売る人々もいる。逆に、どうしてもマスターズを観戦したい一心で、旅行会社など何かしらのルートを通じて購入し、訪れる人々も多数いる。

 さらに、オーガスタ近郊の路上には、毎日、ダフ屋が連なり、チケットを求めて彷徨う人々に、こっそり、しかも高値で、チケットを売っている。

 需要と供給がある限り、そこに売買が成立する現象を、マスターズ委員会も、いわば黙認している形だが、地元の銀行マンにもチケット販売を依頼していた「売れない時代」があったことを思えば、ここ20数年はマスターズにとって「我が世の春」と言っていい。

【昨年比15%アップ】

 その20数年を支えてきた筆頭は、言うまでもなく、ウッズだ。

 ウッズはマスターズ4勝の実績を誇り、オーガスタを熟知している王者だが、腰の故障等が原因で2014年と2016、2017年は出場しなかった。

 昨年は3年ぶりにオーガスタに戻ってきたウッズを見ようとする人々が殺到し、マスターズのチケットの値段は前年比20%もアップしたと言われていた。

 そして今年は、昨年9月にツアー選手権を制して5年半ぶりの復活優勝を果たしたウッズが、マスターズ5勝目を目指してオーガスタに立つとあって、チケットはさらに前年比15%アップと言われている。

 抽選に当たったラッキーな人々が1日75ドルで買った練習日のチケットは、今や1000ドルを上回り、1日115ドルだった試合の日のチケットは2000ドル超。

 決勝ラウンドが行なわれる土日は1日5000ドル前後。週末2日間で1万ドルは、日本円に換算すれば、110万円超。

 昨年のこの時期は1週間の通し券が9750ドル、ほぼ100万円で出回っていたが、今年は週末2日間だけで100万円を超えているのだから、なるほど、今年は昨年よりさらに高騰しており、値を吊り上げているのは間違いなく人々のウッズへの期待だ。

 これぞ、タイガー・ウッズ効果。マスターズの変遷を眺め続けている94歳の生き証人も、隔世の感に目を丸くしながら微笑んでいることだろう。

 いざ、試合が始まり、ウッズが優勝争いに絡んでいけば、週末のチケットはさらに高騰するはずで、いやいや、ウッズ効果は今なお、どこまでも果てしない。

東京都出身。早稲田大学政経学部卒業。百貨店、広告代理店勤務を経て、89年に独立。93年渡米。以後、米ツアー選手たちと直に接し、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの魅力を独特の表現で発信し続けている。選手のヒューマンな一面を独特の表現で綴る“舩越節”には根強いファンが多い。26年間の米国生活に区切りを付け、2019年から日本が拠点。ゴルフジャーナリストとして執筆を続ける一方で、テレビ、ラジオ、講演、さらには武蔵丘短期大学客員教授を務めるなど活動範囲を広げている。

有料ニュースの定期購読

舩越園子のゴルフここだけの話サンプル記事
月額550円(初月無料)
週2回程度
米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    「人とすれ違うのも怖かった」南アW杯の“戦犯”と呼ばれた駒野友一が明かす10年前の真実元川悦子6/5(金) 10:00
  2. 2
    ただ今、武者修行中。Jリーグ再開後、レンタル先で輝きを放つ7人河治良幸6/6(土) 17:24
  3. 3
    42歳ブッフォンの契約延長が記録狙いの「エゴ」!? 引退しない理由は少年へのリスペクト中村大晃6/6(土) 18:36
  4. 4
    バルセロナ守護神が抱く誇り。最後尾の重圧とテア・シュテーゲンの決断力。森田泰史6/6(土) 11:22
  5. 5
    【体操&新体操】コロナの恩恵? アスリートたちが続々とYouTubeデビュー!椎名桂子6/6(土) 12:48
  6. 6
    アーモンドアイの父・ロードカナロアの安田記念が1分31秒5の苦痛だった理由平松さとし6/5(金) 6:30
  7. 7
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  8. 8
    ドルトムントのエース、ジェイドン・サンチョが見せたハットトリックとジョージ・フロイド殺害への抗議林壮一6/6(土) 0:01
  9. 9
    トランプ大統領が再び膝つき行為反対ツイートを投稿! 活動再開前にスポーツ界と抗争再燃か?菊地慶剛6/6(土) 11:08
  10. 10
    35歳の遊撃手、2戦連続V打となる「技あり」のサヨナラ打 トゥサン3連勝<韓国KBOリーグ>室井昌也6/6(土) 20:39