米ツアーのナイスガイは、どんなふうにナイスかという話

米ツアー通算4勝目を挙げたこの選手、びっくりするほどナイスガイだ(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

米ツアー選手の中で「ナイスガイは誰ですか?」と、よく尋ねられる。「ナイスガイ」「いい人」は、たくさんいるし、いろいろなタイプのナイスガイがいるのだが、誰がどんなふうに「いい人」かという説明を、、、

この記事は有料です。
舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

舩越園子のゴルフここだけの話のバックナンバー2018年10月サンプル記事

舩越園子

価格

540(記事8本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

米国ゴルフ取材歴20年超の在米ゴルフジャーナリストならではの見方や意見、解説や感想、既存のメディアでは書かないことがら、書けないことがら、記事化には満たない事象の小さな芽も含めて、舩越園子がランダムに発信するブログ的、随筆風コラム。ときにはゴルフ界にとどまらず、アメリカの何かについて発信することもある柔軟性とエクスクルーシブ性に富む新形態の発信です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京都出身。早稲田大学政経学部経済学科卒業。百貨店勤務、広告代理店勤務後、89年に独立。93年にゴルフジャーナリストとして渡米以降、米国に常駐。米ツアー選手や関係者たちと直に接しながら築いた信頼関係、豊富な情報や知識をベースに米国ゴルフの面白さ、厳しさなどを独特の表現でときに優しく、ときに厳しく発信し続けている。選手のヒューマンな一面を描き出しては綴る“舩越節”、”園子節”には根強いファンが多い。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    アジアカップ、オマーン戦は酷評されるべきだったか? 小宮良之1/16(水) 11:00
  2. 2
    「昭和」と「平成」のどちらでも50勝以上を挙げた5投手のうち、3人は広島カープで記録 宇根夏樹1/16(水) 6:00
  3. 3
    プロで4つの世界タイトルを得たチャンピオンの新たな挑戦 林壮一1/16(水) 0:01
  4. 4
    2018年に活躍したルーキーが改めて知らしめる、野茂英雄のMLB1年目 宇根夏樹1/16(水) 16:30
  5. 5
    明治大学・武井日向、2度目の決勝で晴らしたかった「悔しい思い」とは。【ラグビー旬な一問一答】 向風見也1/16(水) 12:27
  6. 6
    シーズン後半戦に突入するBリーグ 地区首位ターンの新潟アルビレックスBBの見過ごせないチーム総合力 菊地慶剛1/16(水) 15:11
  7. 7
    NYでシンデレラボーイ誕生なるか 高橋竜平(横浜光)IBF世界Sバンタム級タイトル戦直前インタヴュー 杉浦大介1/16(水) 15:44
  8. 8
    誤審だけでなく、すっきりしない試合。日本対オマーンは『エンパシー』が欠けていた 清水英斗1/15(火) 16:00
  9. 9
    「身の丈にあった場所」で戦い、自力で進む大切さ 舩越園子1/16(水) 20:47
  10. 10
    「昭和」と「平成」にそれぞれ100本以上のホームランを打ったのは4人。落合博満と原辰徳、あと2人は… 宇根夏樹1/12(土) 6:00